気を取り直して状況説明

 朝からぐでーんとして山盛りグラタン作って食べてお腹壊したら少し気力が回復しました。いいのかそれ。

 気力が回復したところで、改めて夫実家の状況説明を。

f:id:pico5656:20150722145817j:plain

 相変わらず、やる気ゼロな図で失礼。いやでもあんまり正確に書くのもダメだろうから、適当に描いたんですよ。だから実際は結構違います。赤色が家屋、水色が納屋、灰色がハウスで黄土色が畑。

 当初の案は家屋と納屋を解体して更地にし、そこに大きな2世帯住宅を建てるというものでした。しかし激しく予算オーバーだったため、白紙に。

 次に、別の敷地にある畑にとりあえずP子母とP子夫婦の住む家を建てるという案が出たんですが、立地条件が結構悪くて却下。

 そして舞台は再び夫実家へ。納屋を解体した跡地にP子母とP子夫婦の住む家を建て、夫実家もリフォームか建て替えをするという案が出たんですよ。まぁ自分達だけ住む家建てて実家ほったらかしにするなんて許さぬと言われないために、夫実家のリフォームも具体的に考えないとなーなんて思っていたら、夫祖母ご乱心でどうなるの!? というのが今現在の問題なわけです。

 まず夫祖母に納屋を解体するという事を納得してもらいたいのですが、認知症の症状が出てしまい、一度許可をもらえたけれど覚えていなかったり、あの納屋は新しいんだ良い柱使ってるんだと執着するようになってしまったんですよね。それに加えて夫母に対する被害妄想から、人の家になんか住みたくない・自分がいなくなってから建て替えてくれと、リフォームに関しても心を閉ざしてしまって……。

 だから夫祖母のいる部屋だけそのままにして、あとは夫母達が住む小ぢんまりとした家を建てればいいんじゃないかという流れになっています。要は夫祖母が離れに住むという感じですかね。でもあんまり隔離部屋みたいな感じになると夫叔母が異議を申し立てそうなので、そう感じないように接続させないといけないだろうなぁ。

 で、何故空いてる所に建てられないのかというと、地目が「畑」だから。個人的には左端の畑の部分に建てたら心穏やかに過ごせるんだけどなーと思うけど、地目が「畑」である以上、宅地に転用するためには農業委員会に申請をしなくてはいけません*1。じゃあサラッと申請すりゃいいじゃんとは思ったけれども調べてみるとこれがまた厄介で、とにかく時間が掛かるんだそうですよ。年中受け付けてるわけじゃなくて年に2回だとか……しかも既に割と広めの宅地がある以上、申請が通るかどうかも疑問だし。待ちに待って不許可と言われたら、心がへし折られますよ。

 というわけで、結局は納屋を解体して建てるというのが正攻法なんです。しかし、ばーちゃんがご乱心中で、どうやって説得したものかと。夫叔母達に説得してもらうしかないのか、それとも夫が土下座する勢いで熱意を伝えたら伝わるのか。いや伝わっても次の日に忘れられると困るんだけども。その辺ってどうしたらいいんですかね。

 どうしたものかと調べてみると、成年後見人制度の利用というのが出てきました。申し立てから3~4ヶ月掛かるとか。うーん。というか遺言についても調べると色々あるんだなぁ。その辺、もうちょっと掘り下げてみます。もはや何ブログなのか分からなくなりつつあるんですが、土地があっても簡単には建てられませんねぇ。げんなり。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

 

*1:農地に勝手に家を建てると罰則がある