読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まずは自己紹介とか

プロローグのようなもの

 最初は私達夫婦世帯から。夫(30代半ば)、私(40代入りカウントダウン)、猫2匹(兄弟)。夫母の実家が空き家となったので、そこで暮らしている。もうすぐ結婚8年目、今まで散々苦労して生活してきたので、新しい家に対しての希望が多いといえば多い。

  • 室内が氷点下になるほど寒くない
  • カーテンが揺れるほど隙間風が無い
  • 流し台が腐れない
  • 流し台がカビ臭くて物が入れられないなんて事が無い
  • ちゃんとしたオーブンが欲しい
  • 脱衣所が無い、なんて事が無い
  • 洗濯機の排水パイプが凍って床上浸水しない
  • 玄関の鍵が壊れてるからといって勝手口から出入りしない
  • 屋根裏に謎の生物が入り込まない
  • 何故か家にミミズが入ってこない
  • 家の中でアリと戦わない
  • 部屋は襖で仕切られてない、というか壁が欲しい
  • 昼でも照明が必要なほど薄暗くない

 多分きっと、何も考えずに普通の家建てたって願いは叶うよ!というわけで、結局希望らしい希望はオーブンが欲しいのとステンレスの流し台にしたいというくらい。あんまり予算オーバーしたくない。そりゃ誰だってそうだよ。

 あと、夫婦揃って怠け癖がある。物臭。家事能力低い。

 

  次、夫実家世帯。夫母(50代後半)、夫祖母(80代後半)、弟(20代半ば)。もう一人弟がいるけど、今は離れて暮らしている。夫母と夫祖母は昔は典型的な嫁姑の関係でドンパチやってたらしいけど、今はそれなりに大人しくなった模様。つまり仲が良いとは言えない。何とも微妙な空気。

 家は古くてガッタガタ。震災のおかげで文字通りガッタガタ。大きな納屋が2つあって、そこには捨てられない物の怨念が渦巻いてるとか……片付けましょうよ、これを機会に。ねぇ。

 家づくりに関しては夫が言うに「割と何でもいい」らしい。けどそんな事無いんじゃないかなぁとは思うけど。私は今ひとつ夫の話を信用していない。

 

 最後、私の実家世帯。P子母の一人暮らし。「人生どうにかなる」がモットー。プチ浪費家。一人で月の食費5万オーバーを叩き出した時は戦慄を覚えた。口癖は「どうせ長く使うんだから良い物を選べ」。分かるけど、「身の丈に合った物を選ぶ」も加えてほしいなと思う今日この頃。確実に予算をオーバーさせてくるのは明らか。

 とにかく見た目が命で、センスは私より良い。機械は苦手。周囲の意見に流されやすい。考える事が嫌いで、基本的に人の説明は聞いていない。実は家を建てるのがこれで4回目。だけど全部業者任せだったのであんまり参考になる話は出てこない。

 

  ……とりあえずこんな感じです。各世帯の関係はというと、表面的には良好です。ただちょっと私が苦悩してるだけで。ええ、夫実家の長男崇拝的なプレッシャーに翻弄されたりとか、色々。ね。色々。んげーーーー(変な声出た)。

 

 

ランキングに参加してみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ