もう家建てるの止めたい、という気持ちになる時もある

 また喧嘩してしまった。どんどん亀裂が大きくなっていく感じがする。頭の中はグチャグチャ。整理しようとしてもネガティブな感情が噴き出してきて吐きそうになる。辛い。苦しい。夫に訴えたってどうせ届かない。届くのならこんな事になんかならなかった。あの人、自分の気持ちでしか動かない。私の気持ちなんか考えていない。私の挙動を見て「自分が感じた事」でしか動かない。私の気持ちを考える事なんかしないんだ。

 もし私の気持ちを考えてくれるような人だったら、夫母に「戻ってくるの?」と同居の話を持ち掛けられた時に、私の方を見て「どうする?」といった言葉を掛けてくれただろう。もしくは夫母に「考えさせてくれ」と言っただろう。でも夫にはそれが無かった。私の事なんか見もせず考えもせず夫母に対して「うん」と答えていた。だから私は同居話をしているという事に気付くのが遅れた。私が今までどれだけ辛い思いをしたか大変な思いをしたか、という事など考えもせず、自分の考えだけで同居話を進めた。

 そんなエピソードは他にもある。外出先で酒を飲んで妊娠中の私に運転させる事もあった。つわりが酷かったのに、だ。自分が酒を飲みたいから(あと私の代わりに料理作りたくないから)外食に連れ出した。結局流産してしまい、その後子供は出来ないままだが、現状を思うと、子供はいなくてよかったなと思ってしまう。風邪をひいて動けず「シチューを作って下さい」と懇願しても無視された。コンビニに連れ出されて、弁当を食べさせられた。こんな家庭、悲し過ぎる。外を一緒に歩けば一人でスタスタと先に行く。転んでも気付かない。店に入れば真っ先にシート席に座って寛ぐ。目に付いた所にすぐ座るので私がレジや通り道から丸見えでもお構いなし。入口近くでスース―風が冷たくても気付かない。

 それでも今まで一緒に生活してきた。他にも嫌な事や喧嘩した事など沢山あった。だけど今回は違う。夫の本質が見えてしまった。「共感」というものが無いのだ。そんなもの上記の話の時点で気付くもんだとは思うのだが、私も馬鹿なので気付かなかったのだろう。だから、私も悪い。気付けなかった私も悪い。そして、気付いてしまった今、どうしていいのか分からない。

 とはいえ、その本質は別段珍しい事ではないのだと思う。「共感」というものが無いのは何も夫だけではないし、一般的に男性は女性よりも共感しにくいものだとも言われている。私だって別に「いついかなる時でも共感して!」と言いたいわけじゃないし、特に共感を求めていない時だって多い。少なくとも「同感」は求めていない。別に普段の生活の中であれば、それはそれで構わない。そういうものだと、どうにか割り切れるかもしれない。だけど、大事な局面でも自分の事しか考えない・相手の気持ちを考えないというのは、かなりキツイ。

 下手すればこれから一生住み続ける家の事を決めるのに、夫は「どうでもいい」「面倒臭い」を連発し、壁紙を見にショールームに行けば一緒に歩かず寝てるかタブレットでマンガを見ていた。周囲は家族連れが多くて、みんな一緒にワイワイとサンプルを見たりしているのに、私だけ一人。みんな楽しそう、みんな幸せそう。普段は人と自分を比べたりする事など無いのに、その時だけは妙に悲しかった。だけどその気持ちを呑み込んでショールームを回った。帰ってきてから壁紙について聞いても生返事で、突然「うんざりだ」と言われた。「俺がノイローゼになっていもいいのか」と言われた。

 それに関しては私も悪い。色味について何度も訊いて、それでも全然決められなくて、そういった様子にイライラしたんだろう。いつまで経っても決まらないと思ったんだろう。だけど、じゃあ、私の気持ちはどうなるのか。一人で暮らすわけじゃないから、一生懸命考えていたのに。みんなで暮らす家だから、色々訊いて考えていたのに。全部仇になっていた。もっと早く夫が自分の気持ちを言っていれば、もっと早く「俺は何訊かれても分からないから、訊かなくていい」と言ってくれれば。誰もこんな思いをしなくて済んだのに。

 途中、夫が言っていた。「じゃあ俺が決める。それでいいんだな。全部白か黒にする」と。こういう人だ。人の意見を汲もうとしない。壁紙の事だけはもう訊かれたくない・考えたくないと言っていたが、自分で決めるならいいらしい。そして人の意見は聞かないらしい。もう訊くなと言われてしまったので自分で選ぶしかないが、こんな思いをして建てた家なんて、見るだけで悲しくなってしまう気がする。壁紙を見る度に悲しい思いをするのだろうか。住みたくないな、そんな家。

 ……なんて泣いていても、A社から電話が来ると普通に対応してしまう自分が悲しい。こんな悩み、誰にも相談出来ない。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ