苦労してまで手に入れたい場所なのか、と問われれば……

 土地の名義も変更されてなけりゃ承諾書も貰えてない。しかも建てようとしているのは液状化現象起こしちゃうような土地の上ときたもんだ。シムズとかシムシティとか、よくまぁあんなポンポン建てられるよなぁと思いますよ。いっそハードモードなんか作って「土地の権利者と揉めている!」とかイベント起こして「交渉する」というコマンドを……いやいや。いやいやいやいや。

 こんな感じでちょっと油断するとすぐ腐れてしまいます。現在別件で忙しいのだけど、せめて合間に家の事を考えようと思っても、こんな調子。

 そりゃ「ここに建てたい!」と確固たる意志があるなら、何があっても簡単に心が折れたりなんかしませんよ。でも違いますもん。私の意志なんて乾麺(素麺)1本みたいなものだから、ペキペキポキポキ簡単に折れますよ。あーめんどくさーめんどくさー、ゴロゴロ転がっていきたい、そんな気分。

 とにかく問題が多過ぎです。夫叔母達は「おじいさんとおばあさんが苦労して手に入れた土地なんだから」と言うけど、それが通じるのは夫だけ。私は「はぁ、そうですか」としか言えません。だって、別に思い入れゼロだもん。それでも「まぁ夫の意志を尊重すれば……」という思いがあるからこそ、話を進めようとしてるんですよ。だけど耐震診断の結果を見たら、なんだかなぁと思ったりするのも仕方ありません。液状化現象ですよ? どうしろっていうんですか。そりゃ対策すれば住めるのは分かるけど、地盤改良に余計なお金が掛かるんですよ。ただでさえ交渉が難航している土地なのに、土地自体まで「難有り」なんだから、なんだかなぁと思いますって。

 ホント、何のために体調崩してまで頑張ってるんだろうなと思います。あんな自分が正しいとしか考えてないような夫叔母達の放言に5時間も付き合わされた挙句、出直す羽目になったりするんです。仕方のない事だけど、もう自分の事しか考えられない夫祖母に悩まされたりするんです。考え方も価値観も違う夫母は全力で私を振り回し、P子母は状況を把握せず呑気な発言ばかり繰り返すんです。夫は夫で何も考えずゲームばっかり。そして私は体調崩してグチグチグチグチ……もう最悪だ。自分もみんなも最悪だ。こんな思いをして頑張った先にあるものが幸せな暮らしかといえば、「必ずしもそうじゃない」なんてレベルじゃなくて、明らかに茨の道しか見えない。それでいいのか……いいのか……。

 ……と、まぁ、耐震診断の結果を聞いて、最初は「これで文句は言わせねーぜ!」くらいな気持ちだったのに、冷静になって考えるとどんどん士気が下がっていくのでした。そこまで苦労して建て直す価値、あるのかなぁ。いや夫にはあるんだろうけど、私はどうだろうね。思い入れがゼロなだけに、厳しいよね。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ