読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

同居するにあたっての「ルール」……ねぇ

 ネガティブな時こそこういう事を考えるべきである。何故ならポジティブな時に大丈夫だろうと思う事は、ネガティブな時には得てして耐えられないからだ……というよりも何もする気が起きないので、何か出来る事をと考えた結果がこれ。よく「同居する時はルール作りが大事」とか記事ありますもんねぇ。ルール、ルール……るーるるr(やめなさい)。

 やっぱり「干渉しない」は絶対条件ですよね。夫母も言ってましたから。でもこれ、人によって基準が違うじゃないですか。夫母が干渉しているつもりが無くても私からしてみたらものすごく干渉されてる気分になる事って、よくありますもん。だからもっと具体的に示さないとストレスが絶えない生活になると思います。

 それとは別に「汚屋敷にしない」というのも重要かと。正直、不安ですよ。家を新しくしたところで物が溢れてたら汚屋敷まっしぐら……こういう心配があるから、本当は別棟が良かったんですよ。2世帯だと完全分離とはいえくっ付いてるから、なんというか一蓮托生というか巻き添えというか、とにかく生活空間は完全に分離が出来ても、生活そのものは完全には分離出来ないんですよね。

 とりあえずパッと思い付くのはこの2つ。もうね、ドライな関係がいいです。サラッとね、サラッと。「家族だから」とか「水臭い」とか、そんな言葉を多用するのは嫌い。

 

 

ランキングに参加してみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ