読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肌寒さに負けた、エアコン暖房入れた

空調

 いくら高気密高断熱の家とはいえ、熱源が無ければ寒いのは当たり前。昨日は日差しも無く、雨が降ったり止んだりで、気温もさっぱり上がらなかったので(最低気温は10℃を割り、最高気温が15℃以下)、負けました。暖房入れました。

 それで1階は24℃くらいまで上がり、ほわ~んと暖かくなったんですよ。しかし2階があまり暖まらない。なんか暖房の風、冷たい。設定温度は23℃で、室温は21℃。いやまぁそんなもんだとは思うのだけども、風が冷たく感じるので何か快適じゃない。

 それと、やっぱりいくら複層ガラスの窓でも完全に冷気を防ぐわけではないので、多少スース―はしますよね……真冬、大丈夫かなぁ。カーテン閉めても隙間からスース―しそう。まぁ旧居の「あからさまに隙間風でカーテンが揺れている」という状態よりはずっとマシなんですが。コールドドラフトか……二重窓にすればよかったのだろうか。それとも今からポリカで簡易二重窓作る? それとも下の方だけ塞ぐように衝立にしてもいいのかな。本格的に寒くなるまでに考えておきます。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ