やる気の無いWeb内覧会(2) 昼でも薄暗いよ玄関ホール

 

 そういえば、怒れるばーちゃんはその後どうしたかというと、割と大人しかったそうです。なんかね、P子母に昔の苦労話を延々と語ってたそうですよ。小姑が6人もいたとかそれに加えて大姑もいたとか。超厳しかったんだってさー。へー。まぁとにかく、自分の苦労話を語った事でその時は満足したようです。よかったですね(棒読み)。

 

 そんな話はゴミ箱にぶん投げて、今回は玄関の話でもしましょうか。外観NGなので、いきなり中から始めます。

 

f:id:pico5656:20160728172912j:plain

 

 養生していた段ボールをどのタイミングで外せばいいのか分からず、結局引き渡し後まで敷いてたね。そんな玄関タイルですが、どこのメーカーの何なのかさっぱり覚えてません。壁紙の打ち合わせしてる最中にカタログ見せられて「んじゃコレで」というノリで、5分も掛からず決めたんだっけなぁ。色は薄いグレーで、なんか普通のタイルよりザラザラしてて滑り難い材質。滑り難くて良いのだけど、どういうわけか私は苦手な感触でした。なんだろうね、ゾワゾワするんだよね。「黒板を爪などでキー」と同じカテゴリに入るような気がします。いやタイルが悪いんじゃなくて私のよく分からない感覚が悪いのです。滑らないのは良い事です、いや本当に。

 

f:id:pico5656:20160728172954j:plain

 

 玄関ドアは夫実家側と同じくYKKのヴェナートの何か。色はローストマホガニーだったような気もするんですが、はて。他に窓も無く東側玄関なので明るさどうなるんだろうなーと思ってたら、やっぱり一日の大半は薄暗かったです。早朝は見た事が無いから不明。ドアの採光のみが頼り。

 昭和の人間なもので、つい「下駄箱」と呼んでしまう玄関収納。ウッドワンのでしたね。当然ながらコの字型なんだけれども、廊下側の壁が出ているのでコの字じゃなくて大きなニッチのような空間になりました。

 

f:id:pico5656:20160728173038j:plain

 

f:id:pico5656:20160728173050j:plain

 

 中は至って普通です。まぁ、靴ぐらいしか収納しないと思います。

 

f:id:pico5656:20160728173003j:plain

 

 この下の空間は猫が入りそうな気がするけども、猫が入るには狭いかなぁ。入りそうで入らない、いや入るのかどうなのか。とりあえず掃除はし辛そうだなぁというのだけは分かります。色々滞留しそうだし、創意工夫を凝らして収納考えるよりは何もしない方がいいような気が。というのが物臭で散らかしやすい私が至った結論。何も置くな、と。

 

f:id:pico5656:20160728173105j:plain

 

 こちらは長手方向に張られてますフローリング。多分ベリッシュウォルナット。床が濃色だと重過ぎるかなーと思ったんですが、割と普通でした。ただ、やっぱり少しでも埃が落ちると目立ちはしますね。

 

f:id:pico5656:20160728173014j:plain

 

 1階のベースとなる壁紙はリリカラのライトから「LL-8135」でした。良いです、すっごく良い。でもやっぱり不陸は目立ちますね。その辺が割り切れるかどうかが重要な感じ……という壁紙が多いです、我が家。

 何だかよく分からないけどP子母がニッチが欲しいと言うので、現場で「こんな感じですかねぇ」と考えたのを思い出します。丁度良い塩梅になって、P子母ご満悦。現在は色々な小物が置かれてカオスな空間ですよ……和も洋もあったもんじゃねえ、というくらいカオス。

 

f:id:pico5656:20160728173156j:plain

 

 照明は、手前がオーデリックの「OL218611LD」。明るさ大丈夫か相当悩んだよねー。640ルーメンは適切かどうかって。実際使ってみると、そんなに眩しくも感じないし暗くもないです。でもトイレ前のダウンライト(大光のDDL‐5102YW)が無かったらリビング側の方はもっと暗かったと思います。そりゃ無くても不便というわけではないので完全に気分の問題なんですが、あって良かったなーと。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ