読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリーニング入りまーす

工事

 所用で現場に行ったらクリーニング作業してました。クリーニングに入ったという事は、養生が全て外れたというわけで、つまり床と初対面。初めまして、床。随分と濃いね、床。特にコダワリも無くA社提案にそのまま乗っかっただけの床なんだけども、普通に良い感じでした。

 

f:id:pico5656:20160707215104j:plain

 

 いやー、床の養生外れると途端に住める気がしますね。そりゃもう週明けには引き渡しなんだから当たり前だよ。中途半端な感じなのでノイズ足してホラー写真にしといたよ。ってやめなさいよ。いい加減昼間に撮りなさいよ。

 だって昼間なんてホントに人が多くてバタバタしててそれどころじゃなかったんだもん。まぁ土日は昼間に行くので人がいなかったらバシバシと撮ってきます。いたら引き渡し日にどうにか。まぁ別に夫実家側だけだからね引っ越し作業。こっちは来週末までがらんどうですよ。

 そんな感じで1階は普通に良い感じだったのだけども、2階ホールは相変わらずの不思議空間でした。床自体はいいんだけどね、カウンターや棚をクリア塗装にしたのがちょっと明るいんだなー。落ち着いた色を指定すべきだったとは思うものの、細かく色指定するのも面倒だったんだろうな。本当に2階ホールに関しては何かすっぽ抜けちゃった感じ。まぁでもいいです。いいですよ。

 

夫「ここのカウンター何置くの?」

私「え、特に」

 

 じゃあ何故付けた。いや何となく。

 そういえば当然ながら水回りも全部設置されておりましたが、2階のトイレがオソロシイです。だって普通、2階のトイレといえばメインではないじゃないですか。それなのにオート開閉なんですよ。ネオレストですよ。いや今だってネオレスト使ってるんだけども、それよりも更に立派になっちゃって、もう。おばちゃんビックリよ、ホントに便器の中がライトアップされてるんだもの。こりゃ夜中は照明使わないなー。

 照明といえば今までは照明なんて光りゃ何でもいいという感じで生きてきたんだけども、今回家を建ててみて全然違うわと痛感しましたよね。照明1つで空間の印象がガラリと変わるんですよ。特に、うち2世帯だから違いがよく分かります。壁紙もそうだけど、苦労した甲斐はあったなー。選んでる時は発狂寸前だったけど。というか毎日何もしない夫にキレてたけど。今は引っ越しの準備を何もしない夫にキレそうです。でもまぁ(こういう事は書きたくないのだけれども)自分でやった方が早いんだよな……。

 ちなみに、週末に「引っ越し準備? 9割終わりましたけど?」とドヤ顔で言ってやろうぜ計画は早くも頓挫しました。現段階で3割しか終わってません。そりゃ1日掛ければ終わるけどね、買い物行かないといけないし、草取りしないといけないから。立つ鳥跡を濁さず、どころか鳥が巣を作ってても気付かないレベルで放置してたもんで……さすがに週末に法事があるのにこの状態はマズイので素直に諦めます。あとタンスの件も諦めます。

 というか夫実家、本当に残り3日で片付くのか? 無理だろ……なんかもう片付けるどころか、とっ散らかってるんですよ。納屋周囲とか特にヒドイ。おかしいなぁ、引っ越しの準備っていうと「どんどん段ボールがが積まれて家の中がガランとする」イメージなのに。むしろ余計に散らかっていってる気がしてならない。つーか物多過ぎ。いやホント、あと3日でどうにかなる気がしない。どうにもならないまま引き渡し日迎えちゃうんじゃなかろうか。それでもどうにかしないといけないんだけども、って、自分の引っ越しよりも絶望感抱えてどうするんだよ。それくらい、夫実家が酷いという事だよ。あの闇は大き過ぎて私には無理だ。

 無理だからこそ莫大な解体&処分費用払って第三者に頼んで処分してもらうんだけどもね。お願いだから新居では普通の生活を送って下さい。持ち手が溶けたお玉とか使い続けないで下さい。コンロの上に油&埃のつららを作らないで下さい。あと……いや、いいや。書き出すときりがないから。とりあえず自分のやるべき事をやろう。げっそり。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ