読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リビングのカーテン選び直し

 なんで選び直す羽目になったかというと。

 P子母が別の店で気に入ったカーテンがありました。それにしたいと言うのでリビングのカーテンを見積もりから外してもらうよう伝えました。ところがP子母は面倒臭くなったのか「よく考えたらアレでいいかと思って」と言うのです。サンプルが届いた時、「なにこれー」と自分で選んどきながら酷評したくせに。妥協以外の何物でもありません。別に妥協する事が悪いとは言いませんが「今は我慢して5年後に買い替える」と言ってるあたり、やっぱ嫌なんだろが。もうホントそういうの嫌。じゃあ私が選んでやる。それで「こんなの選びやがって」と文句言ってる方がまだ精神衛生上マシなんじゃないの?

 という経緯ですよ。その気に入ったカーテンを注文してもらえば万事解決なんだけども、P子母には「型番」という概念がありません。「これちょうだい」で済ませます。昔から家電、そう冷蔵庫ですらも「これちょうだい」で買ってきやがりました。カタログ見せて「これにしたよ」って話してたのに、届いたのは別のだったという事もありましたね。別に高齢だからではなくて、昔からそうなの。だから気に入ったカーテンがどのメーカーの何なのかさっぱり分からない。困ったもんですげっそり。

 

 で、リビングのカーテンね。どうしようね。壁は白系ストライプだし、脇の壁は赤だし、ソファが緑で派手な植物柄らしいし、そこに合うカーテンだぁ? さっぱりですよ。壁に合わせて白系ストライプってのもなぁ。じゃあ床に合わせるか? ってダークブラウンだよ。余計重々しくなるよ。

 少なくとも赤ではない。青でもない。黄……濃度による。緑……部屋をクリスマスカラーにでもしたいのか。茶……濃度による。黒もない。白は汚れ目立つ。じゃあもう黄~茶あたりなのかね。ほらやっぱり無難だぁ。

 なんて腐れながらカタログ見てたら、なんとなくこれどうなのかなと思うカーテン見つけました。

 

 鳥と花の柄、可愛い。赤は無いと言ったけども、柄物なら平気かなー。黄色だと何かイメージ出来ないんですよね。赤だと「ああ、こんな感じかな」と分かるんだけども。そういう場合って赤の方がいいんだろうな。隣の壁が赤じゃなかったら黄色もいいんだけどな。

 何だかよく分からないなりに考えてみると、部屋の中で壁の赤色がアクセント通り越して比率が高くなってるので、ここに別の色を持ってくると統一感が更に無くなる気がするんだよね。だからカーテンは他の何かに色を合わせた方がいいんだよね。でも床は濃い。白(薄いベージュ)でもいいんだけど無地は汚れが目立つ。ていうかどうしてソファが緑色で柄物なんだ。P子母がフリーダム過ぎて困る。そして一番困るのは、その肝心のソファの柄が私にはさっぱり分からない所だよ。うぬぬ。これなら電気配線考えてる方がまだ楽かもしれない。ぐぬぬ。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ