どうしてこうなった

 

「ただいまー」バサバサバサッ

 

f:id:pico5656:20160521212345j:plain

 

 どうしてこうなった。

 壁紙選びは終わったはずなのにカタログ4冊も借りてくるとか、ホントどうしてこうなった。いやーその場のノリで?(ノリで借りてくるな)

 

 というわけで昨日は壁紙の打ち合わせでした。クロス屋さんと会うのは初めてだったんですが、もうね、開口一番「どうもすみません!」でしたからね。さすがにスライディング土下座はしなかったけど。A社と仕事をして四半世紀というクロス屋さんは「ここまで貼り分けるというのは無いねー(意訳:こんな変わった客滅多におらんわ)」と感想を述べ、私はひたすら「すすすすみません!」とコメツキバッタのように謝り倒すのです。鬱陶しいですね。

 終始こんな調子で「腰が低い」を通り越して慇懃無礼レベルの謝り様だったんですが、ところでアレですか、みなさん壁はシンプルですか。シンプルイズベストですか。いやね、壁紙に関してフリーダムな人間ってそこまでいないもんなんだろうかと思って。そりゃまぁ私だって好き勝手選んでるわけではないんだけども……地域性なのかなぁ、保守的とかそんな感じの。いや別に白い壁紙がダメだとかイヤだとか言ってるわけじゃなくて、たまに自由奔放な人とかいないのかなぁ。なんて、思っただけ。

  アクセントクロスとか飽きたらどうするって思われるのかもしれないけど、仮に飽きたら私は普通に貼り替えますよ。天井とか、壁でもベースとなる壁紙は面積広いからやりたくないけど、アクセント部分程度なら。って自分で貼り替える気か。まぁ道具持ってるし。というか昨日の記事に出てきた黒いアクセントクロスは6年経っても全然飽きないし、台所も両脇にライムグリーンの壁紙貼ってるけど全然飽きません。自分が本当に気に入った色や模様ならそう簡単に飽きないと思うのだけど。どうなんですかね。やっぱりその辺は個人によりけりですかね。

 ちなみに機能は、正直なところ「強化」以外はあんまり重視してないです。いやー自分でトイレ貼り替えた時、消臭機能付きのを試しに貼ってみたんですけどね、全然ダメだったし。とはいえ消臭剤だって全然効果が無いような古いトイレ(水洗に非ず)なのに、消臭機能なんか期待されたら貼られる壁紙だって災難ですけども。

 色々考えちゃうんですけどね、結局のところは自分の好きなもん貼ればいいんですよね。だってセンスなんて千差万別だし、万人に気に入られるもの選んだって自分が気に入らなければ意味なんか無いもの。他人が変だと思ったって自分が気に入ってればいいんですよ。家の中くらい好きにさせろ、と。私は、たまたま「どこ見ても真っ白」というのが苦手なのでこんな事になってるけど、白が好きならとことん白を突き詰めれば良いし。とはいえ現実は一人で住むわけじゃないからねー。だから悩むんだよねー。

 ちなみに壁紙は薄いと非常に施工が大変なんだそうですのよ。不燃のは薄いの多いのか、クロス屋さんは「これは不燃だね」「不燃なんですよ」と、不燃という言葉を何度も出しておりました。確かに薄いと貼るの大変なの分かる気がします。しかしネットじゃ厚みは分からないわけで、だからカタログ借りてきたんですよ。いやだから決めたんじゃないのかって、リビングやP子母寝室のメインとなる壁紙をもう少し違うのにしたいと思って。あと新カタログ見たかったから、つい。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ