こだわったっていいじゃない、これから何十年も過ごす家だもの

 何となく昨日や一昨日の記事の続きみたいなもんなんですけどね、お金も出さないのに口は出すのかと自分に対しても思ってしまう私は、家に対して「こだわる」という言葉を過剰に嫌がるようになりました。だからA社との打ち合わせでも、他の人の希望や意見を考えて発言する事は多くても、自分の希望を強く押し出すという事は無くて、まぁブログではあれこれ書いていてもね、本当の希望はあんまり出してなかったんですよ。

 例えば回遊同線とか考えた間取りにしたかったなぁと思うし、書斎とまではいかずとも本を置くスペースがもうちょっと欲しかったというか部屋にもう少しゆとりが欲しかったし、洗面所と脱衣所は分けたかったし、屋根裏収納欲しかったし。まぁなんていうか、もうちょっと間取りにこだわりを出したかったです。今、正直な気持ちを言うと。

 でもP子母が寝室狭いのは嫌だと言ったりストーブは絶対に欲しいと言ったり、予算の都合上どうしても60坪に抑えたいのにやっぱりオーバーしちゃうもんだから、自分の意見を言い辛かったんですよ。夫母も後から広範囲の土留めの希望を言い出したりするし、夫祖母の寝室もゆとりが無いと夫叔母達がうるさいだろうし、なんか委縮してました。夫は夫で「たまたまA社が注文住宅なだけで、別に建売だって俺は平気だし」とか腹の立つ事を言うし。うるせえあんまりそういう事を言うと、ホントにトイレの壁紙ピンクにしてやんぞ! しかもショッキングピンクな。私は別に平気ですよショッキングピンクでも。暖かそうだし。

 それはさておき、いつしか自分の意見が言えなくなって「私がこだわりを見せる=悪い事」だと思うようになってしまったんだと思います。余計に「好きで家建てるわけじゃないし」と腐れてたんだと思います。だって人の意見ばっかり尊重して、自分の好きなように出来ないんだから。希望というよりは納得出来るかどうかに焦点を当てていたから。そんなんじゃ楽しくないに決まってます。

 もう何が言いたいのか分からなくなってきた。とりあえずトイレをショッキングピンクにというのは違うと思うんですけども、とにかく、こだわりが強いのはそんなに悪い事なのか? と思うんですよ。別にいいじゃないですかこだわって色々考えたって。何も考えてないよりよっぽどマシですよ。それで後悔して「家は3回建てないとね~」とか言うより何倍も何十倍もマシ。やらずに後悔するくらいなら、やって後悔した方がずっとマシ。そうでしょ。

 そう、こだわるのは恥ずかしい事でもなければ悪い事でもないんだよ。何のための注文住宅だと思ってんの。悪いのは人の意見を尊重しない事だと思うのなら、自分の意見も大事にしようよ。もっと自分を大事にしようよ。まぁ、あんまり予算オーバーするようなこだわりは無理だけども、出来る範囲内で好きにしたらいいんだよ。と、自分に言い聞かせるのでした。あ、ローン本審査通ったらしいです。よかった、あんなんでも通ってよかった……。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ