読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地鎮祭をやって、家を建てるという実感が涌いて、暗転

 前にも書きましたが、非常に信心深くないので、地鎮祭も「ただの行事の一つ」だと思ってたんですよ。まぁ夫母とか夫祖母とかの気が済むなら、という感じで。

 でも地鎮祭が終わったら急に「あ、本当に家建てるんだ」という気持ちになりました。うわマジ? みたいな。朝、ゴミを出すためにカレンダー見てたら、半年後はここにいないのかと思ったり。引っ越しどうするんだろうなぁ。

 いや引っ越し作業はそんな問題じゃないよ、問題は猫だよ。新居に連れてったらストレスで血尿アゲインなのかなぁ。動物病院遠くなっちゃうなぁ。車嫌いの病院嫌いな猫だから、車で1時間って結構キツイけど、かといって病院も変えたくないんだよね。最寄りの動物病院といっても車で20分は掛かるし。

 あと周囲の期待がしんどい。分かってた事ではあるんだけど、長男である夫が戻ってくるというわけで、地元の方々が手ぐすね引いて待ってるわけですよ。消防団とか。消防団とか。消防団とか。でも夫の仕事って時々土曜も仕事だし、むしろ日曜も仕事という時もあるし、酷い時は朝まで残業が入ったりするんですよ。正直、休みの日は休ませてほしい。どうしよう、毎週集まりがあるような所だったら。地域の活動なんて草刈り程度にしてほしいというのが本音。草刈りとかは仕方ないから諦めるけど、というのが本音。あと私も婦人会みたいな活動は絶対にしたくない、というか性格上出来ない。嫌。絶対に嫌。別に偏屈者と思われるのは構わないから、ほっといてほしい。

 家族っていいもんだなぁ、絆っていいもんだなぁ。そういう風潮が苦手。みんながみんなハッピーじゃないんだよ。本当は同居したくないのに、どうにも逃れられないから自分で選択したふりをしてるんだよ。一番嫌なのは誰かに振り回される事だから「自分で選択した事だ」と自分に言い聞かせてきたんだよ。でも、どうして自分には「拒否する」という選択肢が出てこないのだろう。どうして自分は「拒否する」という選択肢を選べないのだろう。それはやっぱり「絆」なんだろうな。「手綱」という意味の絆。切るに切れない、綱。そんな手綱に引っ張られ振り回されて生きてきて、ようやく解放される頃には自分も老いている。人生って何だろう。いやでもそれが生物というものなんだろうか。むしろ人間だから余計な事を考えてしまうのか。人間、やめてえなぁ。落ち着け。

 おかしいなぁ、当初は「やっぱり地鎮祭など行うと、一つの区切りになって気持ちも改まりますね」みたいな事を書こうとしたのに、どうしてこうなった。楽しいふりしようとしても出来ないんだね。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ