読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建設予定の土地は、お祓いされました(※地鎮祭)

 

f:id:pico5656:20160201113601j:plain

 

 何ともパッとしない一枚で失礼。家の真ん前なものだから、全景写真載せられないのです。というわけで地鎮祭でした。天気は良いとは言えず、基本的に曇り空で時々晴れたり風吹いたり。というか地鎮祭始めたら風が吹き荒れるという、なんとも幸先のわる……いやいやそういう事を書くのはやめよう。雪の予報だったのが変わっただけでも良かったとしよう。

 

f:id:pico5656:20160201113610j:plain

 

 で、こちらが建設予定地になります。地盤改良も終わって、ボコボコとコンクリートの柱が出ております。1本おいくら(もういいから)。

 地盤改良の後に地鎮祭、という流れは分かったけれども、このボコボコ出ている状態でやるもんなのかどうなのかが分からなかったんですよね。宮司さんは「土で埋めないと」と言ってたらしいです。A社に訊いたところ「このままで」。この状態を見て宮司さんが「やらーん!」とか言って帰ったりしないだろうかと(私だけ)怯えてたんですが、大丈夫でした。

 あ、今のうち言っておきますが、地鎮祭のに限らずこれからあんまり写真は出てこないと思います。マメに覗きに行けないし、「写真撮ってイイデスカー」とフランクに話し掛けられないタイプなもので。基本的に誰もいない時にこっそり撮るタイプ。暗いです。

 話は戻って地鎮祭。写真はA社側で「撮って(ファイルに)まとめて差し上げますから大丈夫ですよ~」と言われたので、お任せでした。というか「ブログ用に撮らせて」なんて口が裂けても言えないから……。記念写真ガッツリ撮られましたよ、逆光で。そういう時に限って晴れるのです。もう、そういう運命なんですね。ふう。

 ちなみにお供え物はというと

  • お酒(一升瓶)
  • 野菜(人参、大根)
  • 果物(グレープフルーツ、りんご)
  • 乾物(昆布)
  • 尾頭付きの魚(鯛)
  • 水、塩

こんな感じでしたか。そういやお酒は1本だけでした。一応訊いたけど1本でも大丈夫って。とはいえ、ネットで検索すると「2本」というのが多いので2本の方が無難なのかなぁ。まぁ、これから先、地鎮祭をやる機会なんてもうないですけどねー。

 大体A社で用意してくれたんですが、宮司さんに竹は2本と言われて伝えたら、やっぱり4本必要だったというオチ。まぁ庭に生えてたので無問題。祭壇や鍬・鍬などは神社から持ってきました。設置作業はみんなでバタバタと。

 服装は、普通の服でオッケー。というか、寒いからコート着たまんま。レッグウォーマーまで履いちゃってる。重装備な軽装状態で、もう写真見るの辛い。夫なんかマスクしてるし。風邪引いちゃったのよ。

 地鎮祭の内容はというと、まず参列者がお祓いされました。なんかものすごく御幣でバッサバッサと頭を払われた(祓われた)のだけど、後から夫に訊いたら「いや、そんなには」……アレですか、私、なんかアレなんですか。まぁ単純に中央にいたからなんだと思いますけど。思いたい。

 あとは祝詞だったり、四方を祓われたり、鍬入れがあったり、玉串を……ええと何ですか、玉串拝礼があったり。こういうのは初めてなので何が何やらさっぱりなんですけれども、宮司さんが教えてくれるので、概ね大丈夫でした。最後に御神酒を飲んで終了。いや途中で風が吹き荒れて初穂料の入ったのし袋が落ちた時はどうしようかと思いましたよ。ああ、ローン本審査落ちるのかなって。だから縁起悪い事は書くなっての。「天からお金が落ちてくるんだー」とか言ってる夫を見習えっての。いやそれたぶん熱のせい。

 そうそう、お供え物はどうしたのかというと、全部宮司さんにお渡ししました。正直、30センチ超の鯛をこちらでもらっても途方に暮れるので、夫母と「宮司さん持ち帰ってくれてよかったね」と話してたり。

 終了後に片付けしてたら、縄を張った竹(四方竹)はそのままにしておくんだよと言われました。理由は、まぁ私達にはあんまり関係の無い事なのだけど、建設予定地が更地の場合、このままにしておくとゴミを投げ込まれにくいんだそうです。竹があろうがなかろうが、そういう不届き者は毎日口の端っこが乾燥でピッと切れて治らない呪いにでも掛かればいいよ。なんて思ったのでした。

 

 さあこれから基礎工事が始まります。今週はそんなに天気も崩れる事がなさそうなので、順調に進むといいなー。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ