気圧が下がると調子が悪くなる

 昔はそんなに意識した事が無かったのだけど、というよりも、ここ近年酷くなってきたのだけれど、台風や爆弾低気圧が来ると眠くてだるくて眠くてだるくて眠くてだる……とにかく眠くてだるくてzzz……という状態に陥ります。あと耳が遠くなるとか耳鳴りがするとか、要は自律神経に問題があるんですよね。

 思えば子供の頃から雨の日は調子が悪かった気がします。調子が悪いというか、ぼんやりしてたというか転がって寝てたというか。でも普段からそんな感じだったので誰にも気付かれず、そして自分も気付かなかったんでしょうなぁ。P子母曰く「(その辺に転がって)よく寝てた」だそうで。うん、否定しない。そして今も割とそんなもん。「三つ子の魂百まで」とはこのことか。違うと思うよ。

 それが高校生くらいになるとバス酔いが酷くなったりお腹が痛くなったりと悪影響が出てきてたような気がします。それで学校休んだりして。正直に言うと休んだというかサボったという感じですが(笑)。笑うな。でも元々バス酔いは酷かったし、普段からストレスでお腹が痛くなっていたので、やっぱり気付かなかったですね。というか女子高生が「だるい……ハッ!? 低気圧のせい!?」とかあんまり思いませんよ。大抵は原因なんか考えず「だりー」で終わりますよ。そして「だるいのは学校行きたくないからだ、よしサボろう」って。いやいやそんなあからさまに不真面目な生徒ではありませんでしたよ? たぶんね。

 

 で、何で今こんな事を書いているのかというと、さっきまでそんな状態だったからです。眠くてだるくて眠くてだるくてzzz……という状態。天気図見返したら、発達した低気圧の中心が最も近い頃に眠気とだるさがピークを迎えて、低気圧が沖に離れていくにしたがって眠気もだるさも抜けていってるんですよね。対処法? どうなんですかね。無いというか、自律神経を整えろとか鍛えろとかそんな感じのものしか見当たりません。元々P子母側が自律神経弱い家系なので、もうそういうもんだと諦め……い、いや、それを口実にグータラしようなんて思ってませんよ?

 というかね、ふと思ったんですけど、高気密高断熱の家って気圧とかどうなんですかね。自ら「高気密高断熱の家にしたい!」と考えてA社を選んだわけではなかったので、そもそも高気密高断熱の家に対してボンヤリとしたイメージしか持ってなかったんですよ。で、これを機会に調べてみようと思って検索してみたら……己の理解力の範疇を超えてたというか己のレベルが低過ぎました。さっぱり分からん状態。

 とりあえずA社では第3種24時間換気とか書いてるんですけど、何だそれ。自然給気で機械排気? そして減圧? ええとそれって、気圧低くなるって認識でいいんですかね。自然と空気を建物が吸い込むって事は、低気圧と一緒ですよね。で、それを機械(ファン)で強制的に排出する。そういう認識でいいんですよね。そして高気密という事は、外の気圧の変化に左右されないという事なのだから、第3種24時間換気だと常に気圧が低い状態、という事なんですかね。

 しょうもない己の頭で理解出来るのは現時点でこれくらいなんですけども、その気圧が低い状態って、私のへっぽこな自律神経にどのくらい影響与えるもんなんですかね。ちょっと気になったりもします。でもA社にいてもそんな眠くてだるくなる事なんて無いから大丈夫だと思うんですけどねー……あ、でも眠くなるわ。お金の話してる時とか。それ違うから。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ