読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高い天井のデメリット

 今まさに寒いのです、ガタガタブルブル。ブルブルブルブル。

 だから春先に「家建てよう」と話が出た時点でチャキチャキ行動してれば今頃隙間風も吹き込まない家に住めてたかもしれないってのにー。もー。恨む。なんかもう色々と恨む。って恨んでてもしょうがないので、ガタガタ震えながら5分くらいエクササイズするのです。そうすれば温まるよ!(なんか悲しい)

 

 で、本日のお題。天井高についてです。A社のプランを見ていたら「CH=2580」書いてたんですよね。つまり天井高が2580ミリという事ですか。今現在いる部屋の天井高が2700ミリ以上ありそうというか少なくとも2700ミリはあるので、天井高2580ミリというのがどんな感じなのか今ひとつ分かりません。なになに……(検索中)……一般的には2400ミリが平均とか。となると、2580ミリというのは若干高いんですかね。そして今いる部屋はあからさまに高いんですね。

 天井が高いと広く感じるとか言いますが、実際どんなもんかというと、ええと確か売却した実家にあった自室が8畳で今いる部屋と同じような広さだったから、それと比べるとですね、確かに広く感じます。椅子など無いので普通に畳の上に座りますよね、そうすると本当に頭上が高いです。

 でもね、高けりゃ何でもいいってわけじゃないと思うんですよ。この2700ミリ以上ある天井のおかげで不便だと感じる事は結構あるんです。まず、突っ張りタイプのキャットタワーが設置出来ません。真っ先に思う事がそれか……って、キャットタワーが目に入ったので、つい。そんなキャットタワーよりも何よりも強く思う事は、寒い! とにかく寒い! 他に寒い要因は山ほどあるんだけど、暖房入れても暖まりにくい! あまりにも寒いので、DIYで天井低く出来ないかなーと妄想した事もありました。無理でした。そりゃ無理だ。

 あと照明の交換が大変です。震災の時に照明が落ちて壊れたので新しいのを付けようとしたら、普通の(低めの)脚立じゃ届かないんですよ。もう屋外で使うような、剪定でもするの? 屋根に上るの? というくらい高い脚立じゃないと届かない。高所恐怖症の私にとってはガタガタ震えるレベル、というか脚立の上でガタガタ震えたら余計危ないんですけど。

 他にもエアコンの掃除も大変だし普通の掃除も一苦労だったりと、あまり高い天井というのも考え物だなーと思うんですよね。天井を高くするなら色々と対策しないと暮らし辛い家になりそうだと、リアルタイムで暮らし辛さを実感している私は思うのです。一瞬ね、リビングを折り上げ天井にしたら面白いかなーと思ったんですけど、天井高2580ミリあると知って、やめました。いい、これ以上高くしなくていいって。むしろ折り下げたくなるって。ん? 折り下げ天井か……どこかに使えるかな。

 

ランキングに参加してみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ