読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キッチン水栓と浄水器……か

 キッチンの提案書(見積書)を眺めていたら、水栓金具の項目が「今回はご選択いただいておりません」と表記されているのが目に入りました。調理機器(IH)と吊戸棚と壁パネルも同様の表記なんだけれども、調理機器は別途用意だし吊戸棚は無しだから分かります。壁パネル(キッチンパネル)は、多分A社で別に用意するんだろうなという気がします。しかし水栓はどうなんだっけか、特に聞いてないけれどもキッチンパネルと同様にA社標準の何かがあるのかなぁ。でもなんで水栓? はて。

 と思って訊いてみたんですよ。そりゃ疑問に思った事は何でも聞くべきですからね。そしたら、やはりA社標準というかオススメがあるんだそうです。水栓に関してはあまりこだわりが無いのでオススメならそれでいいかと思ったんですけどね、後からジワジワと「いや水栓もよく考えとこうよ」と思うようになってしまったのでした。あーどうしようかなぁ。

 

 オススメされてるのはタカギの浄水器付きの水栓。「蛇口一体型浄水器」と書いてますね。水栓に浄水器が付いてるのか、浄水器に水栓が付いてるのか。ニワトリが先かタマゴが先か。いやもうどっちでもいいから。

 

   実物も見たんですけども、見た瞬間の正直な感想は「ゴツイ!」でした。やーゴツくても別にいいんだけど、ゴツイな。ゴッツゴツだな。S.S.でステンレスのワークトップだから、多少ゴツくても浮いた感じにはならないと思うんだけど、それにしたってゴツイなぁ。

 そのゴツさの理由は浄水器ですよね。カードリッジがパイプの部分に内蔵されているから。おかげで外付け型の浄水器よりはスマートになっているものの、存在自体がゴツくなったという感じ。この辺はクリナップの浄水器一体型水栓も同じで、ゴツイです。

 でも外付けの浄水器って結構存在感があるし、汚れやすいんですよね。そして掃除が面倒。そういう点では確かにこの水栓、オススメなんだと思います。そう、「浄水器を使う」ならね。浄水器か……どうしたもんかなぁ。

 ちなみに今現在も浄水器は使ってますよ。東レのトレビーノ。使い始めたきっかけというのが、水道管が古くて錆が出るから。そして水があんまり美味しくない地域だったりするので、夫なんかハッキリと「不味い」と言います。そう言うだけあって夫実家の地域の水道水は割と美味しい部類に入るんですよね。そんな夫実家の地域で浄水器は使うのか。いやーどうかなぁ。私、面倒臭がりだから浄水器使わないと思いますよ? 水質がどーのとか残留塩素がどーのとか、あんまり気にしないんですよね。トリハロメタン? 毒性がどうのって言うなら風呂とかどうするんですかね。いちいち長時間煮沸なんかしてたら光熱費で破産しそうですよ。え? そこで浄水器? いやだから、いちいち浄水器通した水を風呂に使うの? めんどくさー。

 ……と、まぁ(水を売る側から見たら)非常に残念な性格なので、いちいち健康を気遣って浄水器なんかは使わないわけです。嗜好品って感じですかね。ミネラルウォーターも嗜好品ですし。だから多分使わないなぁと思うんですよ。そうなると、浄水器一体型の水栓の魅力って半減しますよね。A社では「別に浄水器使わなくても大丈夫だから」と言ってたんですけど、それだと完全に見た目だけになっちゃいます。見た目か……ゴツイな。

 というかサイトを見たらカードリッジってその辺で売ってないんですね。定期交換メンバー登録しないとダメみたい。つまり定期的に送られてくるというわけか……いやーちょっと息苦しいな。定期購入って苦手なんですよ、ペースを強制されてる感じがして。自分でペースを決められると言われたって、そのペースが分からないんだからどうしようもないです。今使ってる浄水器ですら目安量に到達する前に時間が経過し過ぎて交換、という感じなんですよ。なんというか自由に購入出来ないのは息苦しい。この辺は人によると思うんですけどね。定期的に送られてくる方が忘れなくて便利だという人もいるでしょう。

 というわけで、普通の水栓にします。色々と面倒なのは嫌なので普通の水栓で! せっかく流レールシンクにするのなら、シンクの端まで洗い流せるシャワーホース付いてるのがいいな。となると

  • バブルシャワー水栓
  • サイレントシャワー水栓(シャワーホースタイプ)
  • エコシングル水栓(シャワーホースタイプ)

になるんだけども、価格はそれぞれ似たようなもの。バブルシャワー水栓かサイレントシャワー水栓がいいかなぁ。うーん、バブルシャワー水栓の方がいいかな。「流レールシンクにはバブルシャワー水栓」、「美・サイレントシンクにはサイレントシャワー水栓」って感じみたいだし。じゃ、そういう事で。

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ