読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「もうやだ家なんか建てたくない」と、不満爆発

夫実家の話 間取りで悩む

 結局のところ、昨日の件は却下されました。

 

nisetaihuntouki.hatenablog.com

 

「あった方が便利ですよー扇風機とか色々しまうものあるでしょうしー」って。そりゃあった方が便利なのは分かりますよ。でも常軌を逸したレベルで物を溜め込む夫実家だから、そういう空間を作るのが恐いんですよ。不要品だろうと不用品だろうと、そんな物を溜め込む為の空間にお金を掛けたくないんですよ。

 でも私が要らないと言ったって聞いてもらえない気はしてたんですけどね……夫母の要望なんだからそっちを優先するのは当然なんだろうし。だからそれは仕方ないと諦めます。問題はその先、こちら側に勝手口が無いので坪数増やさず間取りをちょっと改変してもらったんですよ。それを夫実家で見せてみたら

 

夫「こっち(私達側)のリビングの方がちょっと広いな」

夫母「ここの収納、無くなったのね」

 

 勝手口を付けるために夫実家側のキッチンの収納が消えたのは、別にその1坪分の収納を頂戴したわけじゃないです。頂戴したのは0.25坪だけです。その分、夫母の「和室に服掛ける場所が無い」という要望に応えて0.75坪の板の間を増やしたんです。それなのに「そっちの方が広くなった」と言われるのは心外も甚だしいです。そもそも夫実家の方が少し面積広いんだって、何回も言ってるじゃないですか。今回の調整があっても約1.75坪多いのだから、元々は約2坪多かったんですよ。

 というか、夫はどっちに住むのでしょうね。どうして自分の実家ばかり見ているんでしょうね。自分の実家やP子母の事ばっかりで、私の意見なんか二の次というかほとんど聞いてくれない。

 こういう書き方をすると非常に鬱陶しいけど、私は希望があっても色々我慢してどうにか坪数削ろうと努力してあれこれ考えているのに、夫や夫母やP子母はほとんどそんな事なんか考えちゃいないんだ。いや多少は考えているとは思うけど、ほんの少しだけ。「任せる」と丸投げして、出来上がった図面を見てあれこれ言うだけ。自分で間取りを考える事なんか、全然しない。そして自分の部分しか見ていない。全体的に物事を見てくれない。

 いいよね、そっちは部屋1つ多くて。いいよね、そっちは収納スペース多くて。その上、危うく階段部分の収納までそっちに持っていかれそうになったんだよ、夫の余計な一言で。私だって収納スペース欲しいよ。でもこれ以上坪数増やせないから我慢してるんだよ。どうにか60坪切りたくて頑張ってたのに、誰も全然考えてくれないんだもん。

 階段の件だって、夫実家側でどうしても玄関から直行でと言うから、こちら側は玄関入ってリビング通って家の端まで行かなきゃいけなくなったんだよ。別に構わないと言ったけど、冷静に考えると遠いよ。玄関から約10メートルだよ。いや距離はともかく、その間にキッチンを通らなくてはいけなくて、恐らく動線上にダイニングテーブルが来ちゃうんだよね。ちょっとそれが気になるけど、これ以上坪数増やしたくないからどうにも出来ないんだよ。また夫に「こっちの方がリビング広いな」とか言われちゃうよ。

 なんかね、間取りに関しては今まで「別に不満じゃないけど」みたいな感じでやり過ごしてきたけれど、やっぱり不満だったんだな……。自分に嘘吐いてた。我慢してた。押し込めてた。でも夫実家の土地の名義の件で3ヶ月近くも足止めされてしまったせいで、急いでローンの事前審査申し込まないといけないんだよね。だから間取りを早く決めなくちゃという空気で、今更不満をぶちまける事なんか出来ない。基本、この間取りで、この坪数でどうにかしないといけないのが辛い。いや悪い間取りじゃないよ。でもこれ以上私の希望を出したらまた坪数が増えちゃう。自分でお金持ってるなら言えるけど、そうじゃないから言えない。

 好きで家を建てるわけじゃないのに、好きで同居するわけじゃないのに、どこまで我慢すれば許されるのかなぁ。辛いのに、夫に辛さを分かってもらえないのが辛い。ワガママと言われるのが辛い。ああ鬱陶しい、自分で自分が鬱陶しい。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ