読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「もしも普通の一軒家だったら」の間取り(その2)

 なんか毎年暖房器具を解禁する時期が早まってきている気がする……というわけで、先日あっさりコタツ解禁しちゃいました。でもささやかな抵抗として、コードはまだ差し込んでません。それにしてもコタツは今年で最後になるんでしょうか、はて。

 

 前回の続きは……ええと、もしも一軒家だったらどうしてたかなぁという間取りですね。今回は夫実家側。はじめから言っとくと、ボツです。こっちは完全にボツ。

 

(2F)

f:id:pico5656:20151005113113j:plain

(1F)

f:id:pico5656:20151005113121j:plain

 

 トイレの位置、なんじゃそりゃ。なんかもうね、途中で投げたんですよ。どうにかホールとか廊下とか減らしたい一心で考えたんだけど、嫌になってぶん投げた。それがこの間取り。それ以外は、まぁ。そうね、まぁ。うん、まぁ。

 夫祖母の部屋が「南側、南側ったら南側」というのがネックなんですよ、その縛りさえなければもうちょっと違うんだろうなぁと思います。

 リビングとキッチンのあたりは売却した自分の実家みたいだなぁ。キッチンがちょっと狭いような気もするけど、実家にいた頃あんまり困ったという記憶が無いので、キッチンは対面なら3帖ちょっとで十分なんだと思います。というかね、キッチンは広けりゃいいってもんじゃないですよ。広くても不便だったりする事、あるんですよ。(気が向いたらそのうち力説します)

 あと、暫定的な夫母の寝室は仏間のある和室なんですが、これだと「服を掛けられない」と苦情が来ると思います。というか、来ます。何なら押入れをクローゼットにすればいいんじゃないかと思ったんですが、そうすると「布団が入れられない」だそうで。ああ、うん。そうですか。別にクローゼットに布団入れたっていいんですけど、ねぇ。と思ったら違うらしい。布団は1組だけじゃないらしい。

 

夫母「客布団は2階に置けばいいか」

 

 ばーちゃん、認知症の症状で「布団が無くなった」って大騒ぎしたけど、何ですかこの家は布団捨てたら呪われるんですか。そもそも客なんてもう泊められませんよ、来たとしても宿泊施設利用して下さいよ。せいぜい泊まるとしたって、もう一人の夫弟くらいですよ。夫母の含めたって3組くらいにしといて下さいよ。

 というか私なんて夫実家に泊まった時、夫と1つの布団に寝かされましたけど? 寝返り出来ないレベルで、すっごい狭かったんですけど? それともアレですか、「ヨメ」は客じゃねぇって事ですか。いや客扱いされても困るけど。何が言いたいかって、布団がいくらあっても敷く場所が無けりゃ意味無いですよって事。

 

 そんなわけで「布団は3組まで」という、小学生の遠足のおやつかよというような結論に至りましたが、そういう話じゃないですよね。間取りですよね間取り。ちなみに上記の間取りで97.71平方メートル、つまり約29.6坪。前回の間取りも約29坪なものだから、合わせても60坪切れるんですよね。とはいえ別棟にしたら外壁が2面分余計に発生するので、うーん、別棟にしたい&コスト下げたいっていうなら1軒あたり20坪くらいにでもしないとダメなんじゃないですかね。坪数適当ですけど、それくらい削らないと意味ないんじゃないかと。もしくは長期優良住宅じゃなくするとか、かなぁ。それは無いか。寒い家とか地震で傾く家とか、もう嫌です……。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ