読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「トイレは寝室に近い方が良い」と、人は言うけれど

 与太話というわけでもないんだけれども、唐突にこういう話をし始めるのは面倒臭い問題があるからです。だって夫実家の遺産相続の話なんか首突っ込みたくないもの。夫叔母達ともう話なんかしたくないんだもの。というより何より、そんな相続の話なんか私にゃ関係無いので、その間に私は間取りを考えるのです。結構急ぎで決めなきゃならなくなってバタバタしてますよ。でもまぁ夫叔母と話をするよりはずっとマシですね、マシ。

 で、トイレと寝室の位置関係についての話です。具体的にはどのくらい近ければいいんでしょうかね。あ、別に風水なんていうものは割とどうでもいいので*1、風水的な話は一切出てきませんのであしからず。検索してみると風水的な話がゴロゴロ出てくるからさ……。

 理想的なのは寝室の隣らしいですよね。夜トイレに起きても行きやすいようにとか何とか。でも全ての寝室の隣にトイレを置けるわけじゃないし、トイレを寝室で取り囲むというのも非現実的。いやホント、間取りって難しい。じゃあどのくらいまでなら離れても不便に感じないんだろう、という疑問が湧いたわけです。

 例えば、中年に足を突っ込んだ私。さすがに夜中にトイレに起きるという事も無ければ、元々トイレに行く回数が少ない方で、あんまりね、トイレが遠くて不便だと感じた事は無いです。

 

f:id:pico5656:20150925114925j:plain

 

 ちなみに現在住んでいる家で距離を適当に測ってみたところ、概ね14メートル。8・6・6畳の和室を突っ切って行くので結構離れているものの、ドアを何枚も開けて行くという事が無いので(襖やガラス障子は大抵開けっ放し)、そこまで不便とは感じませんかね。むしろ途中にドア(それも引き戸じゃなくて開き戸)を3枚以上開けなきゃいけないとなると、仮にこれより短かったとしても不便かも。

 つまり部屋から出る時にドアを開け、次に開けるのはトイレのドアというのが理想。それ以上扉があると不便かなー。これがP子母、いや夫祖母くらいになると距離が長いのも不便に感じるようになってくるんでしょう。昼間よりも夜中に起きてトイレに行くまでには色々なアクションがあって(起床・点灯・歩行・開閉等)、それが多ければ多いほど不便に感じると思います。

 というわけで、部屋から廊下に出たらその廊下にトイレがあるというのが理想。そして出来れば直線でアプローチ出来るのが理想。同じ10メートルでもグネグネしてたり何度も曲がり角がある廊下と真っ直ぐな廊下じゃ、明らかに違いますよね。でも別に真っ直ぐな廊下である必要は無くて、ホールを対角線上に移動というものでもいいです。ああ、そういうのを「動線」と呼ぶんでしたね。そう、動線が大事。

 その動線の長さなんだけど、さすがに15メートル近くで平気なのは私くらいの世代までだと思います。特に夫祖母やP子母は、もっと短い方がいいでしょうよ。何でそんな事を考えているかって、例えばリビングに寝室を隣接させた間取りというものを考えていたんだけど、リビングを突っ切ってトイレに行くというのはどうなのかなーと思ったのでした。仮にリビング部分を8帖と仮定して対角線上で突っ切ったとしたら、適当に計算して約5メートル。トイレに辿り着くまでに開閉するドア、トイレ除いて2ヶ所。リビングにはテーブルやソファなどがある。うん、不便だね! ただの廊下5メートルだったらいいんだろうけども。ああ難しい。みんなが便利に使える家って難しい。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

*1:夫母は割と気にする方らしいが、風水について詳しく知っているわけでもない