今一度、自分の本心を探る

 本心なんて簡単、夫と二人だけで暮らしたいです。同居はしたくないです、夫実家とも自分の実家とも。好きとか嫌いとか気が合うとか合わないとか、そういう事を除外しても思うんですよ。核家族がいい、ただそれだけ。

 核家族の弊害とか何とか色々言われるけれど、それなら複合家族にだって弊害はありますよね。だけど何かそういうものは「そういうものだから」と片付けられて、同居するのは当たり前、長男だから当たり前、核家族はデメリットがあるんだ複合家族の方が好ましいんだとか言われても困ります。

 それでも老後の親の面倒を見なければいけないという気持ちが夫婦共にあるからこそ、今こうして3世帯同居の話になっているんですよね。でも同居はしたくない。だけど親には一緒に住んでくれとか戻ってこいとか言われる。どうすればいいんだと頭を抱える。悩ましいです。理想は近距離別居でマメに様子を見に行く事だけど、別々の土地に3つ家を建てるなんて財力ありません。1軒ですら怪しいのにね。ホントにね。

 ものすごく身勝手な意見かもしれないけれど、夫実家で同居をするにあたって私は自分の人生を犠牲にしてしまうんじゃないかという恐れを持っています。今まで大した社会貢献もせずに地べたを這うように生きてきて、それで何の犠牲が生じるんだよとは自分でも思うんですけどね。別に実家の手伝いとかそういったものを犠牲と感じているんではなくて、何て表現すればいいのか上手くいかないのだけど、色々な事に精神的に囚われてしまうのが恐いんです。「精神的な自由」を奪われてしまう恐れというか、そんな感じ。

 別に同居しても別世帯として上手くいくケースもあるとは思います。だけどでもP子母はともかく、夫実家(どころじゃなく親戚一同)の夫に対する依存心が異常なくらい強いのがどうしても受け入れられないというか、夫に付随する嫁である私も当然みたいな空気がとても耐えられないというか、辛いです。

 だからこそ、どうしても夫実家で同居というのなら別棟がいいと言ってきたんですよね。それがどうしても無理なら、せめて完全分離な2世帯住宅。その上で、P子母とも同居となるのだから、更に互いに干渉しないような間取りを考えなくてはいけないわけで……。

 でも夫叔母達に「精神的な自由を奪われてしまうのが恐い」なんて訴えたって「なーに甘えてんだ!昔は(以下延々と自分語り)」となるんでしょうね。「人は人、自分は自分」という考えは無いんでしょうか。無いんでしょうね。だから完全同居が当たり前と思って、「玄関と水回りは一つでいいの!」とか口出してくるんでしょうね。げっそり。

 

 本心ね……夫叔母達が鬱陶しくて嫌です、この上なく

 って別に今更ですかそうですか。先週末は夫の急な休日出勤で逃れられたけど、今週末は逃れられそうにないや。嫌だよ、行きたくないよ。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ