読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「小姑が実家の事に口を出す」というのがよく分かった話(2)

夫実家の話

 というわけで続きです。

 何でそんなに自分達がお金を出した事とか強調すんのかなーとしばらく考えてたんですが、もしかして夫母に自分の親の面倒を見てもらってる罪悪感なんてのがあるのかなぁ、とか思ったり。その罪悪感がいつの間にか「自分達だってやってるんだ」という主張にすり替わったとか?

 ま、真実は分かりませんけどね。そんなの本人達に聞かなきゃ分からない。でもそんなもん別に知らなくてもいいし、聞きたくないや。

 何にせよ私達はお金も無いのだから、正直家なんて建てたくないんです。だけど、どうも勘違いされてるような気がしたんですよね。「最初から一緒に住むべきだったんだ」とか「今更遅いよね」とか、何だかムカッとする事ばかり言われたので訂正したんですよ。いくら私だって見当違いな事を言われたら反論しますよ。そもそもどうしてこうなったかって説明しましたよ。

 

nisetaihuntouki.hatenablog.com

 

 それはこの記事に書いてあるとおり。

 

夫母と夫が「帰ってくる気あるの?」「うん」と会話してたんですよ。私はてっきり週末に夫実家に来いという意味だと思い込んでたんだけど、「じゃあ建て替えないとね」とか夫母が言い出した時点でやっと同居の話だって気付いて、あばばばばば。そりゃもう慌てふためくわけですよ。改めて聞いてみると、夫叔母に 私達がいつまでも同居しないのでそう訊かれたらしい。いやいやいやいや。でもでもでもでも。

 

 そもそもあなた方が夫母に「戻ってくる気無いのか」とか訊くからこういう事になったんですよ。でも忘れていらっしゃるようですね。「あーそうだったんだ」「●●さん(夫母)が言い出したんだ」って……いやだからそれが第1話だとしたら、あなた方が第0話なんですが。言い出しっぺが忘れてどうするんだ。

 それに「最初から住めばよかったんだ」ってね、当時何人世帯だったんですかって話ですよ。夫除いて5人ですよ。それに私達も合わせたら7人ですよ。悪いけど、あの家じゃ生きていけないですよ。というか部屋すら無いのにどう生活しろって言うんですか。じゃあ結婚を機会に建て替えろって? 私が結婚した時は既にじーちゃん介護状態で、リビング増築したばっかりでしたよ。何であれそんな状態で建て替えなんか無理だっつーのって。だからちょうど夫母の実家が空き家になってたから当面はそこに住むんだって話になったんじゃないですか。

 そもそも何で同居するとかしないとかそんな話を部外者にまで言われなきゃならないんですかね。しかも過ぎた事をグダグダ言われたってどうにもならんですよ。

 今まで夫叔母達は夫母よりも厳しくて真面目でしっかりした人達なんだろうかと思ってたんです。でも違いました、単に厳しい人達なだけでした。いやそれだけじゃないけど、あまりにも口出しが酷過ぎるんです。言ってる事一つ一つは正論なのかもしれないけど正論が必ずしも正しいとは限らないし、いくら正論でも価値観の押し付けはよくないと思うんですよね。でも夫叔母達はその辺も考慮せず正論を価値観を押し付けてくる。それが嫌なんだよな……。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ