日当たりの良いキッチンに大きな窓を付けてはいけない理由

 夫叔母達と話した事について書こうと思ったんだけど、あまりにしんどいので中止。なので今回はただの妄想垂れ流しです。

 で、タイトルの件。暑いんですよ。それも洒落にならないレベルで。今住んでいる家の台所が東に面していて、流し台の前に大きな窓があるんですよ。というか、東面の端から端まで窓なんですよ。高さ90センチ、幅260センチくらいですかね。サッシ4枚の。

 そりゃー明るいですよ、午前中は。でも午後から途端に薄暗くなりますけどね。そして日の出から充分過ぎるくらい直射日光が入るものだから、真夏は朝7時の段階で蒸し風呂になってます。10時過ぎあたりには40℃近くというか40℃以上になってます。

 それなら窓開けときゃいいじゃないと思うかもしれませんが、道路に面しているので開け辛いです。モロに道路から丸見えですから。バッチリ目が合っちゃいますから。そして田舎の人は本当によく家の中を見て歩きますから……毎日ね、監視されてるようなもんですよ。うふふ(ヤケ)。

 というか夜明け前から道路に面している窓を全開に出来るわけないでしょう。それに留守中なんかどうにもならないでしょう。そんな泥棒さんウェルカム状態に出来るわけがないです。

 だから真夏に料理するのが本当に辛いです。断熱材も皆無なので真冬は真冬で寒過ぎて辛いんですけども、今回はそういう話じゃないので割愛。ただでさえ人の3倍くらい暑がりなものだから、流し台の前に立つだけで汗が滝のように流れ出し、10分もすればクラクラしてきます。この前は1時間くらい台所にいたら頭が痛くなって動悸がしてきました。熱中症に片足突っ込んでますね。

 ちなみに「キッチン 大きな窓」で検索してみると、確かに明るく開放的で素敵なキッチンが軒並み出てきますが、もうね、私は薄暗くていいです。薄暗くて開放的なキッチンとか、ありませんかね。矛盾してる感じがしますけどね。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ