私が納屋をどうにかしたい理由

 前回、納屋を残して2棟建てられる事は可能だと分かりました。人間の記憶って割といい加減な部分あるから、記憶を頼りに頭の中で思いを巡らせるだけじゃ分からない事も多いんですよね。あと図面があっても見てるだけじゃ結構イメージ出来ない部分も多いです。だから、自分で図に描いてみてようやく理解するんですよね。

 というわけで、現状で考えられるプランをまとめてみました。まず大前提としては納屋は残すけれど、片付けとリフォームは必須という事。これが出来なければ、私はボイコットします。どうしてそこまで強固なのかといえば、前々回の記事でも書いたように納屋の中がどうにも酷い事になっているからです。

 

f:id:pico5656:20150807160754j:plain

 

 これ2011年秋頃に撮った写真なんですが、今もほぼ同じ状態です。いや、むしろクモの巣やら埃やらで余計に酷い状態になってます。奥の方なんか背丈以上に物が積まれています。私が結婚した頃から既にこんな状態だったと思うので、4年どころか8年近くもこの状態なんですよ。信じられます? 誰も片付けないんですよ?

 

f:id:pico5656:20150807161229j:plain

 

 そして左側が片付け前で、右側が片付けた後。今年の春、私一人で片付けました。恐らく数年は経過したと思われる猫の亡骸があったり、色々大変でした。でもこれ、あくまでも氷山の一角、ほんの一部。奥にあるのは処分待ちなんだけど、右側のものは捨てられない物。それは何かというと、葬儀の際に使う物や夫祖母の衣服など。

 そう、夫祖母は捨てられない人なのです。夫母も捨てられない人なんだけど、それ以上にこじらせています。夫母も夫祖母も捨てられない人だというのは失礼ながら前から分かっていたけれど、特に夫祖母の方が酷くてこじらせているというのは思ってもいませんでした。それも認知症の症状だったのか、それとも元からの性格なのか……恐らく後者だと思います。

 だから何年も片付けずにそのまま放置しているんです。私は先に「納屋の中がどうにも酷い事に」と書きましたが、本当の事を言えば納屋の中に止まりません。納屋の裏手にも物が積まれ、下屋の部分にも物が堆積し、地面から靴や缶詰が出てくるような家です。ハウスの前に栄養ドリンクの瓶が放置されてたりもします。自分も物臭ですぐに散らかすタイプだけど、ここまではちょっと……。

 これが、私が同居したくない最たる理由です。価値観が違い過ぎるという以上に、衛生上問題があり過ぎなんです。解体して建て直せば強制的に片付けられるから、納屋を解体したかったんです。でも、ばーちゃんは物に執着して納屋を解体させてくれない。だけど納屋をそのままにして家だけ建て替えるのは真っ平御免だ。だったらせめて納屋を片付けませんか、リフォームしませんか。って、ばーちゃんに言ってもアレなので夫叔母達に言ってみたのだけれども……その話は次回、気力があれば*1

 

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

*1:色々言われて虫の息