「納屋を残す」という選択肢……

 なんか前回の記事から1週間も経ってるような気がしたんですけど、4日程度でしたか。いやもう息止めて毒沼に潜ってたら暑さと相まって頭痛が……それでちょっと休んでたというわけです。しかし呼吸をすれば毒食らうし、息を止めればそれはそれでダメージ食らうとか、どうすればいいんでしょう。

 まぁ比喩的な話は置いといて、夫祖母の納屋に対する執着が酷くなりました。納屋は良い材木を使ってるとか夫父(故人)が取り寄せたものだ、壊さないでくれと何度も何度も繰り返します。「執着」も認知症の一つの症状なので仕方ないと言えば仕方ないんですが、それでも愚痴の一つや二つもこぼしたくなりますよ……という愚痴は置いといても、困った問題なんですよね。

 それがただの小屋であるなら仕方なく残すという選択肢もあると思います。でもただの小屋じゃなくて、「廃屋」と呼んだ方がしっくり来るくらい荒れていて、中には物がぎゅうぎゅうに詰まってるのです。壊れた部分からは色々な動物が出入りし、春先に片付けたはずの部分に鳥の羽が散らばってたりします。地面にはモグラが掘ったのではと思しき穴が開き、クモの巣を払いながらじゃないと前に進めないんです。汲み取り式トイレもあるので夏場は悪臭も酷いし、もう本当に本当に勘弁してほしいんです。

 ちなみに家を建てるスペースは納屋を避けてもどうにかなります。とはいえ、ネズミが走り回る廃屋同然の納屋に密接して家を建てたいかと訊かれれば、建てたくないです。結婚当初から「将来この納屋どうするんだろう、片付けなきゃいけないのかな」と悩んでるくらいなので、今ここで片付けるなり取り壊すなりしないと、後が大変なんですよ。

 ばーちゃんは「自分がいなくなってからにしてくれ」と言うけれど、私達だって年を取るんです。それなりに若いうちじゃないとキツイんです。自分達で片付けなかったものを後世に丸投げするなら少しは夫の言う事を聞いてほしい。って言いたいけど言えないのが認知症。嗚呼。

 とりあえずばーちゃんを否定せずに納屋を解体する方法ってあるんでしょうか。「嘘も方便」とは言うものの、それは最終手段にしたいですよね。それにしても、どんな嘘を吐けばいいんだろう。自称霊媒師でも連れてきて「更地にしないと(以下略)」とか? んなわけないか。

 ただ、一つだけ納屋を残すメリットがあるんですよ。下手な言い訳無しで堂々と別棟で建てられるという事です。いやホラ、夫叔母達に「どうして長男が嫁の親と一緒に住むんだ」って言われたらどうしたものかと思って、ねぇ。納屋解体出来ないなら2棟別々に建てるしかありませんから。しかしそのためだけに納屋を残すってのも……いやー。いやいやいやいや。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ