正直、家を建てられる気がしない

 このブログは、敷地内同居を巡り翻弄される人間模様を描くドキュメンタリーです。と、大袈裟にでも書いておけばいいでしょうか。だから最終的にどうなるかなんて誰にも分かりません。げっそり。

 ここ最近どうにもやる気が起きません。しばらく間取りも考えてないんです。あれだけ態度を硬化させた夫祖母を説得する術なんか見つからないし、そもそも認知症なのにどうやって言質を取るのか、取ったとしてそれが有効なのかなど、なんかもう考えるだけで憂鬱になるんですよね。

 どうしてこうなる前に、土地の名義をちゃんと変えてなかったんでしょうね。よくある事だとはいえ、どうしてこの世に存在しない人間の名義のままにしとくんでしょうね。後々こうやって厄介な事になると想像出来ないんですか。自分さえ苦労しなければ何でもいいんですか。

 ああすみません、夫祖母にちょっと憤ってしまいました。自分がいなくなってから建てろって、結局面倒事から逃げようとしているだけじゃないですか。そうやって7年前に夫祖父が亡くなった時、夫を喪主にして逃げたんじゃないですか。家督だ何だって言って。若くて右も左もさっぱり分からない夫(と夫母)に全部押し付けて、自分はなーーーーーーーんもしなかったじゃないですか。私、その時の事を結構根に持ってるんですよね。

 その後も夫にベッタリと頼りっぱなしで、こちらの都合も考えず来ないのか来ないのかとせっつき、行ってみればただの鉢の移動だけだったとか、そんな事しょっちゅうでしたよ。おかげで私は一時期相当病みましたよ。どうして毎週夫実家に行かなきゃならないのかって。どうして行くのが当たり前になっているのかって。

 って、ただの愚痴になりましたねスミマセン。つまり、夫に家督だ何だってベッタリ依存するなら、大人しく従って下さいよって言いたいです。あの納屋は良い柱を使ってるだ何だってグチグチ言わんで下さい。いくら本当に良い柱使ってたとしても、実態はボロッボロでネズミが走り回るような古い納屋ですよ。夏場は臭いも酷い、劣悪な環境の納屋ですよ。現実見て下さい。ちゃんと見て下さい。いい加減にしーてーくーだーさーいーーーーーーーっ!!

 という、ね。もうやだ、夫実家。出来るだけ愚痴は書かないようにライトな感じで綴っていこうと思ったのに、結局こうなっちゃうんですよね。2世帯だろうが3世帯だろうが敷地内だろうが完全だろうが何だろうが、過酷です。元から嫁姑の争いがあったなら尚更です。三つ子の魂百まで、そう人間の本質なんか変わりはしない。そういう事です。こんな状態で明日打ち合わせなんて言われてもなぁ、ただ面倒で憂鬱なだけにしか思えないんだよなぁ……。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ