白紙になっていた夫実家の話

 「自分達だけ新しく家建てて、こっちはそのまんまかい!」というツッコミを回避するために、夫実家もリフォームするなり建て替えするなりしないといけないのです。

 いやそういうつもり(自分達だけ新築して夫実家は無視)は皆無だし、そんなツッコミ方する人なんかいないけれども、夫叔母から似たような事は言われたそうです。いやだからそういうつもりないってばって。でも夫祖母の状態があんまりよろしくないので下手に動かせないものだから、どうしてもP子母&私達夫婦の話ばかり先に進んでしまうというのは否めません。

 しかも夫実家が相当面倒臭くて私はどんどんストレス溜めてしまうので、あんまり考えないようにしてたんですよね。

 

nisetaihuntouki.hatenablog.com

 

 こういう風に荒れちゃうから。

 この時、そんな風に言われるなら敷地内に建てればいいじゃん! とも言ったんですよね。そうすりゃ誰も文句言うまいて、と。ヤケ気味に。でもまだ畑の方がそんなに問題ある土地だとは気付かなかったので、夫も「いやダメだ別の方がいい」と却下したのね。

 でも社長さんが調べてくれて、夫や夫母に色々説明してくれて、P子母も現地に連れて行って見せてくれたおかげで、そっちの土地には立てない方がいいという流れになったわけですよ。私は、まぁ別の敷地に建てられるという話は消え去ったけれども、あの狭い道路を運転しなきゃいけないのかと悩まされる必要が無くなった事は良かったなと安堵しました。あと、そっちはそっちで落ち着かない生活なんだろうなという危惧もあったので。

 話がグネグネと蛇行してるので率直に説明しますと

1.土地が夫祖父(故人)名義

2.その上に家を建てるには承諾書が必要

3.色々面倒なので、まずは土地を夫祖母の名義に変更してほしい*1

という流れになったので、夫叔母に話をしたところ、P子母と私達夫婦の住む家を建てる事はいいけど、夫実家をそのままにして建てるのならば承諾出来かねるという回答だったのです。とはいえ先にも書いたけど夫祖母の状態がよろしくないので、あまり環境は変えたくない。だから今すぐに建て替えやリフォームという話は出せない。ならばどうするか、それは具体的なプランの提示しか無いのだよ。と、そんな感じ。

 つまりだね、今までみたいに「別に急がなくていいよー」とか言われると、すっごく困る状況なわけ。承諾得ないと話が進まないわけ。そもそも何故名義変更を今するかといえば、ローンを組む時に土地を担保に入れたいのに名義が故人のままだと出来ないわけ。だからまず適当でもいいから(いやよくないけど)、夫祖母達に具体的な計画を説明しないといけないわけ。そういう事。

 で、具体的にどうするのかというのがね、不明なんだよね。耐震診断の結果待ちで、その結果次第で考えると夫母は言うんだけれども、どうなんだろうね。増築したリビング(兼夫祖母の寝床)をそのまま生かしてリフォームしたいという感じらしいです。うーん、難しいよね。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

*1:ちなみに夫父は既に他界しているので代襲相続が発生し、夫祖父の相続人は夫叔母2人と夫達兄弟となる……で、いいのかな?