そして話は動き出す……か?

 平日は話が進まない代わり、週末になると一気に情勢が変化するので、ブログが追い付かないのです。ええとどこまで書いたんだっけか……(ブログを読み返す)。

 あ、そうね。計画が白紙に戻ったので、とりあえず別の敷地(畑)にP子母と私達夫婦が住むような家を建てるって話だけはしてましたね。その土地の中に市町村の境界線が走ってて、若干面倒臭い土地だというのは書いてましたね。

 別の敷地に建てるという事は、同一敷地内に家を建てるよりプライバシーが保てるというメリットがあります。私にとってはかなりポイント高いのだけど、それに隠れてかなりのデメリットもありました。その事を一応最初にP子母にも言ってたんですけど、あんまり意に介さない様子だったのでとりあえず話を進めていたのです。

 ちなみに私が感じていたデメリットとは

・家の前の道路が狭い(車がすれ違えない)

・川沿い

・土地が道路より低いので家の中が丸見え

・境界線を越えないように家を建てるとなると、かなり前に出さないといけない

・つまり余計に道路から家の中が丸見え

・脇にも土手があって、結構高さがあり危険

・土手は当然草刈り機を使って草を刈らないといけない

・あと、そっちの土手の下の方からはこちらの様子が丸見え

・つまり、隣のお宅からこちらの挙動が丸見え

こんな感じですが、一番の悩みは道路が狭い事ですね。運転得意じゃないからというのもあるけど、冬場は積雪や凍結があるとかなり危険なんですよ。実際、夫が言うには土手に車が落ちてるらしいし……。

 何よりも問題なのは、夫実家をどうするのかという事。長男だからねー、逃れられないよねー(棒読み)。別の敷地に家を建ててその先どうするかって、夫は「戻らないよ」とは言うけど、それと同時に「自分の実家もどうにかする」と言うんですよ。どうにかって、どうするのよ。何かあったら毎日通うわけ? なんか現実的じゃないんだよね。その辺、ずっとモヤモヤ。

 だから夫実家の端っこの土地を宅地に変えて、そこに家を建てる手段だってあるんだよ? と、私は妥協案も出してたんですよ。完全にくっ付いた2世帯は無理でも、敷地内広いから離れていればどうにかって。でも夫は私達親子がストレス無く暮らせるのは畑の方だと言って意見を変えず、P子母もそっちの畑の方がいいと言うので……何かこういう書き方をすると自分を正当化してるような感じがして何だかなぁと思うけど、実際そうなんだからどうにもこうにも。別の敷地に家を建てるのは賛成だけど、その畑に建てるのは何だか気乗りしない。それが正直な気持ち。というか、本当に正直な気持ちは書かないよ。書いたらこのブログの存続自体が危ぶまれるからね。

 で、A社社長が実際に土地を見てみたら、やっぱり難があるそうです。かなり盛土しないといけないらしいし、入り口も拡張しなきゃいけない。あと、お隣のお宅のお婆さんが出てきて話し掛けられたけど、行政の人と勘違いされたらしく(こちらの土地を指して)こうしてほしいとかああしてほしいとか、色々要望を言われたとか。

 何より夫が長男である以上、夫実家もどうにかしなきゃいけないのであれば、やはりそちらの敷地内に家を建てた方が得策なのではという話でした。この辺の話は長くなるので(そしてあまり私も理解してないので)端折りますが。

 で、P子実家にある庭木を移植するために来てもらったんですが、その時にP子母を現場に連れて行って実際に見せてみたらしいです。本来なら最初に連れて行って見せるべきだったんですが、なかなか時間が合わず夜しか行けなかったんですよね。そしてP子母が実際に見た感想はというと、「ちょっとあれは……」だそうで。道が狭いと。私、散々言ってましたけどお分かりいただけましたか。土手が急で落ちたら恐いとか、他にも色々言ってたけど失念。とにかく百聞は一見に如かず、実際に見たらイメージしていたものと全然違ったそうでしたよ。

 その後、夫実家の敷地を外から見たそうで、社長さんの説明を聞いたら「こっちの方がいい!」と180°方向転換。P子母は人の話に流されやすい性格なのであまり信用してないんですが、これでもう一つ選択肢が出てきた事になります。夫実家の敷地内に家を建てるという、選択肢が。もうホント、どこに向かってるんでしょうね。そしてどこに着地するんでしょうね。とはいえ、最初の頃よりは話が固まってきた気がします。最初なんかゆるふわでしたから。ゆるゆるふわふわ。

 

ランキングに参加してます。一応。なんとなく。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ