読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家引き渡しまで1ヶ月ちょっとになりましたが

  もうしんどい。「まだ1ヶ月ある」か「もう1ヶ月しかない」か、捉え方は人それぞれなんだけど、P子母は「もう1ヶ月しかない」と捉える方で、吹っ飛んで行動するから大変。正直荷造りなんか数日で終わるのに(作業スピードの速いP子母は特に)、もう段ボール持ってこいとか言うんですよ。

 あと実家に置きっぱなしにしてた本、全部捨てられました。今住んでいる家(夫母の実家)に置き場が無くて止むを得ず実家に残してきた本だったんだけど、全部捨てられました。置きっぱなしにしてた自分も悪いからしょうがないとは思いますよ? でも一言くらい訊いてくれてもいいのに。

「言おうかなーと思ったんだけど、捨てちゃえ捨てちゃえって捨てちゃった」

 P子母は昔からこういう人です。納屋に物を溜め込む夫実家とは相容れないはずです。多分、水と油の関係。だから私は何回も何回も言ったんですよ、納屋とかすごいし庭にいろんな物(主にゴミ)が埋まってたり転がってたりするけど大丈夫なのかって。なのに物事をよく考えないP子母は「大丈夫じゃない?」って言うんですよ。大丈夫じゃないと思うんだけどな。

 そういう意味では白紙に戻ってホッとしてるんですが、しかしどうなるんだか。あと1ヶ月かー。あっという間なんだろうなー。別に実家が無くなる事に関しては特に寂しいという感情は無いんですけどね。え? 思い出? そんなロクでもない思い出なんかいりませんよ。ニッコリ。

 

ランキングに参加してみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ