読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぶっちゃけると単独で家建てられません

プロローグのようなもの

 それ最初に言えって話ですよ。いや実際は最初から言ってるんですけども。

 じゃーそんなんでこの先どうするつもりだったんだよというと、そもそも同居するという考えが頭に無かったわけです。田舎で元農家で長男で、とか言われても無理なものは無理だから。ストレス死しかねないから。

 だからね、将来も夫婦で細々と生活していくんだろうなぁと薄ぼんやり思っていたわけです。あんまり上昇志向無いからね。ほげー。

 それでリフォームなりDIYなりしながら細々と暮らしていくためには第二種電気工事士の資格が必要だなんて思って(何故)、今年受験する気満々で参考書だって買ったんですよ。でもこんな事になったので勉強は一旦中止。同時進行出来るほど気持ちに余裕が無いし、若くもないから付け焼刃の類は無理。とはいえこれが落ち着いたら再開するつもりですよ。やりますよ。

 つまり夫婦二人だったなら家を新築する気はゼロ。あったとしても、将来的に自分の実家が空き家になってしまったら持ってても困るから売却して、そのお金を元手に小ぢんまりとした家を建てる程度、だろうなぁ。ローコストでメンテナンスしやすいように平屋というか、もう小屋でもいいよね。そうそう「大草原の小さな家」みたいな感じで。子供の頃見させられたなぁ、テレビで。

 まぁとにかく、大きな二世帯住宅を建てるなんて「馬鹿言うな」と言われて終わりなんです。ローンなんか門前払いでしょうね。「帰れ!」って。いや自分でも思うもの、どの口がそう言うかって。それなのに戻ってこいとか一緒に住もうとか、親って……親って……!

 なんぼ無理だと言っても結局は「みんなでお金出し合って建てましょう」って話になるんですよ。で、夫は不足分のローンを組む係になるのね。そりゃ全額ローン組むよりはハードル大分下がるけど、大丈夫なんだべか。

 

P子「……で、源泉徴収票がどこ探しても見つからないのだけど」

夫「還付金だけ抜き取って捨てたかも」

 

 ホント、こんなんで大丈夫なんだべか。

 

 

ランキングに参加してみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ