読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話はちょっと戻って、A社に決めた理由をもう少し詳しく

 気持ちは既に決めてあるので名前を出してもいいんだけど、ネット上の情報が少な過ぎてすぐ身バレてしてしまう可能性が高いので、仮に「A社」としておきます。今回はそこに決めた理由をもう少し掘り下げてみようかと。

 何せ2世帯に3世帯が住むという変則的な事をしようとしているので、基本的に地元の業者に頼もうと思っていた私達。確実に注文多いからね。でも家なんか建てた事が無いからどこにすればいいか分からないよ~……と思うどころか、逆にいくつか伝手があるけどどこにすればいいんだよ~と悩む状態。

 

1.A社(夫の伝手)

 仕事上の伝手なので実際建てた人の意見とはまた違うものが聞けたりするのかなーと。それが「(社長さん)良い人だよ」「信頼出来るよ」といったものだったので、実際話を聞きに見学会に行ったら評判の通りだったと。それで「もうここでいいんじゃないか」と思ってしまったというわけ。

 無理にでもマイナス要素を捻り出すとしたら、デザインが無難という点なのかもしれない。いや普通は「無難」ってマイナス要素にならないのだけど、見た目が命なP子母は華やかなモデルハウスのある大手に傾きがちなので。(だけどそれも後日行った見学会で覆された)

 

2.B社(夫母の伝手)

 これも職場経由の伝手で、話を聞く限り信頼性は◎。でもネットで検索してみるとサイト自体が消滅していて見れなかったりするのがちょっと残念。だから唯一どんな家を建てるのか具体的に分からない。

 

3.母の伝手(C社)

 実家近所なんですよ。それで昔からよく話をしてたりして、どんな感じの家を建てるのかというのは知ってたりするんです。って、母が。私じゃないですよ。

 

4.私達夫婦の伝手(D社)

 今住んでいる家の浴室やトイレをリフォームした時に来てくれた会社。年が近いので一番話しやすい。最初はここにしたいよねと話していた。

 

 基本的にどこも信頼は出来ます。B社だって良い仕事するでしょうし、C社やD社だって素敵な家を建てているのは知っているし、本当に迷うんです。だから余計に「これ何社か見積もり出してもらっても、断り辛い」と思ってしまうんですよね。かえって知らない所の方が後腐れが無いというか、比較的断りやすいだろうなぁ……。

 と、悩んでいる状態で最初にA社で話を聞いたら、「ここならしっかり話を聞いてもらえそうだ」と強く感じて、「もうここでいいんじゃないか」と思ってしまったんですよね。投げやりではなく、本当にもうここがいいんじゃないかなと思ったわけ。それとA社は夫が一番連絡を取りやすい会社でもあるし、夫実家からも近い会社でもあるから。打ち合わせしやすいというのは大事。

 とはいえ夫母やP子母は納得しませんよね。そりゃそうだよ、普通は何社か行ってみて同時進行で見積もり出してもらって比較して決めるという感じなんだから。それにP子母だって夫母だって他に良さそうだと思っている会社あるんだろうから。だけど、ただでさえ3者の意見をまとめるのは大変なのに、そこから更に数社同時進行で打ち合わせしろって、倒れます。主に私が。今現在ですら精神的疲労で体調不良出てるのに、更に他の会社とも……って、無理。

 だから本当はもっと視野を広くして吟味すべきなのは分かっているけど、A社にしたいという事になったのでした。一番最後に話を聞いても、色々悩んでも、それでも結局A社にするだろうな、と思ったのが最大の決め手。それと、主に話し合いの席に着くのは私達なので。夫母は心配が故に警戒心が強いだけでA社が建てる家自体に問題は無いみたいだし、P子母は自分の要望が通ると分かれば大丈夫だから。

 

ランキングに参加してみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ