読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見学会に行ってみた反応

 「家を建てよう」と話が出てから1ヶ月経った頃、何も起きませんでした。そしてそのまま桜が咲き、散りました。えー。

 まぁこういうのは言いだしっぺが……とまでは言わないけど、話を振っといて何もないんですかい! という気持ちにはなりますよね。別に私は同居なんて遠慮したいし、逃げられるもんなら逃げたいですよ、申し訳ないけど。でもやらなきゃいけないから覚悟決めたのに、何も動きが無いと「やる気あるんですかい」と問い詰めたくもなるわけで。まーた自分は振り回されてんのかなぁ。と、やさぐれたくなっちゃう。そう、本来の「やさぐれる」の意味で。つまり家出したいと。

 そんな時、夫の知り合いの知り合い(という、ざっくりとした設定)が建築会社で、ちょうど見学会を行うという話を聞きました。というわけで、いつまで経っても話が進まないのならとりあえず行ってみようという事にしました。双方の親を連れて行ってみたんですけど、その時の反応も三者三様なんですよね。やっぱり。

 

1.私達夫婦

 「ここでいいよね、というか否定する要素が見当たらないんだけど」

 夫は仕事の付き合いもあって色々と知ってるので、いいんじゃないかと言うのです。私も話を聞く分にはお任せしても大丈夫というか、むしろ頭を地面に擦り付ける勢いでお願いしたいかなと。特殊だもんね、うち。色々あるよね絶対。

 とにかく話もちゃんと聞いてくれるし、ササッと書いてくれた間取りが結構良い感じだったし、問題があるとすれば融資を受けられるかどうかという点だけ。って、そりゃ自分達の問題なんだけど。あー。

 

2.P子母

 「坪単価、いくら?」←しつこい

 家を建てる時には坪単価を聞くべきだと主張するP子母。だけど私は坪単価に合わせて家を建てるっつー感覚がよく分かんない。というか具体的に内容が分かんないじゃん。どこからどこまでが入ってるのか教えてもらえば参考になるけど、そんなの会社によって設定まちまちなんだから、他社と比較したってあんまり意味無いじゃん。って思うんだけどなぁ。

 というか、母は見た目でしか判断しないので、正直見学会には連れて行きたくなかったんだよね……モデルハウスと違って現実的だから。現実的だからこそ参考になると思って行ってみたんだけど、母はアレが好みじゃないだの、ソレは変えられるの? だの、なんかもう建てた人に謝れって言いたくなるくらいうるさい。そして何度「色は選べるから!」と言っても理解しない。念の為に言っときますが、見学したお宅は結構良かったんですよ? ホントに。見学に来てたお子様達がテンション上がっちゃうくらい、楽しそうな家でした。ちょっと屋根裏とか棲みたいよね。ヤモリみたいに。

 

3.夫母

 「いいんじゃない?」でも仏頂面。

 何故か普段よりも「ああ、姑って感じがする」と思った。正直、機嫌が悪そう。夫はそんな事無いと言うけど、説明聞いてても反応薄いし滅多にニコリともしない。何か仕事モードって感じがしないでもない。

 そして後から「まだそこに決めたわけじゃないんだよね? というか決めないでね」と釘を刺されたりなんかして。そりゃ分かるんだけど、なんか言い方がキツイ。全体的に信用してない感じ。色々心配してるんだとは思うんだけど、なんかなぁ。なんだかなぁ。

 

 というわけで、最初の見学では私ら夫婦以外は「いやまだ他見てみないと」と難色を示したのでした。でもP子母はドリーマーだし、夫母は夫母でなんだかなぁという言い方ばかりするので、余計に反発したくなるんだよねぇ……「意地でもここにする!」って。その辺のモヤモヤはまた後日出てくるんだけど。

 「何件か見積もり取ってもらうべし」というのは分かってるし、そうするべきではあると思ってます。というか私だって最初は別の所がいいなぁと思ってたんですよ。今住んでる家をリフォームしてもらった建築会社がいいかなって。

 でも見学会行ってみて話を聞いてみたら、いいんじゃないかなと思ったんですよ。ここもしっかり話聞いてくれそうだし、ネットで見掛けるような「違う、そうじゃねえ」と話が噛み合わない営業なんかじゃないし、翌日に電話攻撃やお宅訪問してくるような強引な勧誘も無いし、打ち合わせの時もメモ取ってくれてるし、営業トークというよりは普通の「人と人との会話」って感じがするし、デメリットも踏まえて色々教えてくれるし。

 って、私も流されてるのかもしれない、もしかしたら。

 なんて思ったので「いくつか見て回った方がいい」という意見を受けて、モデルハウスを見てみる事にしたのでした。続く。

 

ランキングに参加してみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ