各世帯それぞれの思惑

 現実では現在進行形で話が進んでいるのにブログでは過去から話をしていくというのは結構大変だというのが、今分かりました。リアルタイムの話がしたいよねー。今考えている事をまとめたいよねー。

 というわけで過去の話をさっさと終わらせます。今回は3世帯同居を計画するに至った理由を各世帯それぞれの思惑を通して見てみようかと。

 

1.親世帯(夫サイド)

 「長男だから同居!」以上でございます。

 というのも乱暴過ぎるので、もうちょっと掘り下げて。夫母は嫁姑の確執で散々嫌な目に遭ってきたので「お嫁さん来ても同居しない!」というスタンスだったらしいですよ。夫祖母も内心は分からないけど「同居しろ」という事は一言も言わず。

 だけど夫祖母からヒシヒシと伝わってくる「長男頼りにしてるんだから」オーラ。親戚は「いつ戻ってくるんだ」とか結構ウルサイ。夫母も夫も根本的には「長男だから跡継がなきゃいけない」という考えが残っている。草取りしても根っこを取らないとまた生えてくるのと似たようなもの。人間の価値観なんてそんな簡単には変わらないのだよ。

 あとは築40年以上であちこち老朽化、そして先の震災で地割れが走ったり歪みが生じたりした家をいい加減どうにかしなければというのもあったりして。本当なら震災の時点で建て替えるべきだったのにそうしなかったのは、「長男が戻ってくるなら建て替える」って考えがあったからなのかもしれない。

 

2.親世帯(P子サイド)

 「老後が不安!」以(以下略)

 もう今年で74歳になるので老後が不安というか今まさに不安なのです、といった感じ。私には8歳離れた兄がいるんですが、借金大王とか天然詐欺師とか色々な難点を見なかった事にしても、母曰く「あいつとは性格が合わない」の一言で半ば絶縁状態。というか兄も後ろ暗いので連絡してこない。「便りが無いのは元気な証拠」というのは兄のためにある言葉なんじゃないかというくらい、お金に困らない限り音信不通。もはや失踪レベル。というか実際10年以上失踪してた事もありましたが、ええ。

 そして父も亡くなって一人暮らしするようになってからは「一緒に住めばいいのに」とか言うようになったんだけど、他にも「さっさと家を売ってこんな所出ていきたい」と言います。ええと、近所にアレな世帯が何軒かありまして、私道の路駐トラブルや騒音などで色々頭抱えてたんですよ。それは私も嫌だと思っていて、もう実家に寄り付きたくないレベル。狭い私道に面している土地なんか買うもんじゃない。これ教訓。ホントに教訓。

 

3.子世帯(私ら夫婦)

 「なんか色々と面倒になったから」

 これ一番の暴論だなぁ、ヤケクソにも程がある。でも上記親世帯の要望やら何やらを考えてたら、もう「みんなで住めばいいんじゃない?」という考えに至っちゃったという、ね。

 だって親が心配というのは互いにあるし、同居はしたくないけどもう少し近くに住みたいという気持ちはあるし、とはいえ猫が2匹いるので賃貸は難しいし、田舎の一軒家なら借りれなくもないけど、今現在田舎の一軒家に住んでて色々苦労してるから「もう断熱材の入ってない家は嫌だぁぁぁぁ!」とか叫びたくなるし、じゃあ家建てればってなるし、そうすると夫実家に土地があるどころか「じゃあ建て替えようよ」って言われるし。だああああ! めんどくさー!!

 

 三者三様、こんな感じ。それでも現状維持で過ごしてたら何ヶ月か前に急展開が。夫母と夫が「帰ってくる気あるの?」「うん」と会話してたんですよ。私はてっきり週末に夫実家に来いという意味だと思い込んでたんだけど、「じゃあ建て替えないとね」とか夫母が言い出した時点でやっと同居の話だって気付いて、あばばばばば。そりゃもう慌てふためくわけですよ。改めて聞いてみると、夫叔母に私達がいつまでも同居しないのでそう訊かれたらしい。いやいやいやいや。でもでもでもでも。

 それで自分の実家の事を話したら(こっちも一緒に住めばいいのにとか言われてて面倒なんですよね……という感じで)、じゃあ一緒に住めばいいよ!敷地広いから!と話がゴロゴロと転がっていったわけですよ。田舎暮らし好きなP子母は当然大喜び。夫は元々いつかは実家に戻らなきゃいけないと思ってたし、私だけ頭抱えたという形になりました。

 まぁ転がっていったとはいえ流されたわけではないし、面倒になったからとはいえ考える事を放棄したわけでもないです。結局は自分達で考えて決めた事ではあるんですよね。正直同居は無理なんだけど、自分の性格上無理なんだけど、年老いた親の面倒見たくないというまでは捻くれてない。そういうこと。

 

 

ランキングに参加してみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ